So-net無料ブログ作成
検索選択
前の15件 | -

シング・ストリート 未来へのうた [サ行の映画]


Sing Street

『シング・ストリート 未来へのうた』
"SING STREET" (2015・アイルランド=イギリス=アメリカ・1h46)
製作・監督・原案・脚本 : ジョン・カーニー
出演 : フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボーイントン、ジャック・レイナー、マーク・マッケンナ、ドン・ウィチャリー





1985年のアイルランド、ダブリン。家庭や学校での事に悩みを抱える14歳の少年は一目惚れした年上の女性とお近付きになるためバンドを結成する事にした。



『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』に続くジョン・カーニー監督の音楽映画。
本作では1980年代の音楽が随所に流れる。当然洋楽。楽曲だけでなく洋楽ネタも話に織り込まれるがそこら辺の事はよく分からず。
でも、楽曲に関しては恐らく名曲の中から選ばれた名曲がチョイスされているのだろうと思われ、いい楽曲である事は分かった。
本作のオリジナルの楽曲もその当時っぽいものになっているのだろうと思う。14,5歳の少年たちが作ったにしては完成度が高過ぎる気もしたが。



若者たちが歩んでいく人生には色んな困難が有るだろうけど、特にダブリンという土地柄上かなり荒っぽい。でもそれに逃げずに立ち向かっていけば前途は洋々、明るい未来が待っている。と、真っ直ぐで前向きな青春応援映画。それが良かったけど、ちょっと照れ臭かったり。
そこを恥ずかしがってたら青春映画は作れないんだろう。



学校の体育館(講堂?)でのミュージックビデオ撮影で、そのミュージックビデオの中だけはみんな幸せでハッピーだけど、それは現実の裏返しであるというのが物悲しくていいシーンだった。

2:14で手前のお姉さんがトチってる。
3:32にウサギ!



バンドメンバーのウサギ好きのエイモンがいい奴だった。初登場の時は偏屈な変わり者なのかと思ったけど思った以上に友達思い。
主人公のお兄ちゃんも思った以上に弟思いでいい奴。

キーボードの子が最初は片方1本ずつの指での演奏だったのがいつの間にか上手くなってちゃんと両手で演奏出来るようになっているのが良かった。

主人公のお母さん役は『ザ・コミットメンツ』に出ていたマリア・ドイル・ケネディ。



休館前のシネクイントの最後のロードショー作品。今後は未定。
http://www.cinequinto.com/top.php
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

帰ってきたヒトラー [カ行の映画]



『帰ってきたヒトラー』
"ER IST WIEDER DA" (2015・ドイツ・1h56)
監督・脚本 : ダーヴィト・ヴネント
出演 : オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、カッチャ・リーマン、クリストフ・マリア・ヘルブスト



現代のドイツにヒトラーが現れる。マスコミは物真似芸人として扱い世間から脚光を浴びるが彼は本物のヒトラーだった。



ジャッカスやサシャ・バロン・コーエン作品の様な一般市民及び著名人にドッキリを仕掛けてその反応を笑うという趣向も有りつつ、ヒトラーに対して意外と受け入れに寛容だったりするする所に、それはドイツだけの問題ではなく世界全体が70年以上前の過去の事にしてしまっていないか。という警鐘を鳴らす作品だったのだろうと思う。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

暗殺 [ア行の映画]



『暗殺』
(2015・韓国・2h19)
監督・脚本 : チェ・ドンフン
出演 : チョン・ジヒョン、ハ・ジョンウ、イ・ジョンジェ、オ・ダルス、チョ・ジヌン、チョ・ドクムン、イ・ギョンヨン



1933年、韓国臨時政府は日本統治からの独立のため行動していたがその内部には密偵が存在した。



日本軍、日本人が敵役なので穏やかに観れない所は有る。しかし、日本人を演じているのが日本人俳優ではないので日本語が片言という事で日本人の存在が記号的に思われ、日本人そのものをバッシングするものではなくあくまでこの映画の中での敵役なだけだと思えた。

ハ・ジョンウは日本人役ではないけど日本語が堪能な設定で上手だった。



主要な登場人物それぞれに見せ場が有って、それぞれがカッコよく決まってた。
特にはチョン・ジヒョン。ライフル、機関銃のガンスタイル、メガネ、二役、そしてウェディングドレスと見せ場たっぷり。何よりも相変わらず美人。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

カリ城4D、湯浅監督最新作、リトルウィッチアカデミア [映画]

DSC_0298.JPG
MX4D上映『ルパン三世カリオストロの城』を観た。先着プレゼントのポストカード。
椅子が動いたり、水や風を吹きかけられたり、煙が出たりする意味が分からないけど貴重な体験だった。

この映画なら意味が有るかも。




湯浅政明監督初オリジナル長編映画『夜明け告げるルーのうた』が5月に公開。
http://lunouta.com/#movie
4月に『夜は短し歩けよ乙女』が公開で、その一月後に新作が公開ってすごい。
これで今年の『映画クレヨンしんちゃん』にも参加してたらもっとすごい。



『夜は短し歩けよ乙女』公開に先駆けてテレビシリーズ『四畳半神話大系』が再放送されていた。全然知らなかった。もう2話まで放送済み。
http://s.mxtv.jp/anime/yojouhan/

で、その前の枠で『リトルウィッチアカデミア』のテレビシリーズが始まっていたという。全然知らなかった。もう2話まで放送済み。
http://s.mxtv.jp/anime/little_witch_academia/
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

死霊館 エンフィールド事件 [サ行の映画]



『死霊館 エンフィールド事件』
"THE CONJURING 2" (2016・アメリカ・2h14)
製作・監督・原案・脚本 : ジェームズ・ワン
出演 : ヴェラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、フランシス・オコナー、マディソン・ウルフ、サイモン・マクバーニー、サイモン・デラニー



悪霊事件を解決した事で有名になった夫妻はバッシングを受け活動を控える事にしたが、教会からの依頼によってイギリスで起きている心霊現象を調査する事になった。



ネタバレ有。



『死霊館』とは時系列では直近であるようだけど、内容にはそんなに深くは関係していない。
心霊現象を調査する夫婦。家族愛、夫婦愛が描かれるドラマティック・ホラーという所が共通。

『死霊館』よりも更にドラマティック・ホラーだった。ホラー映画はそんなに得意ではないが、怖いから。ジェームズ・ワン監督の本シリーズや『インシディアス』シリーズはドラマ性を重要視しているようでそれほど怖くは無い。そこがホラーを得意とする人には生ぬるいのかもしれないけど。
本作でも犠牲者の人数は少なかった。今回の調査の件については犠牲者無し。別件で4、5人。



被害者一家のお向かいさんがめちゃくちゃいい人だった。あんなに訳の分からない事に巻き込まれても最後まで親身になってくれる。めちゃくちゃいい人。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

疑惑のチャンピオン [カ行の映画]



『疑惑のチャンピオン』
"THE PROGRAM” (2015・イギリス・1h43)
監督 : スティーヴン・フリアーズ
出演 : ベン・フォスター、クリス・オダウド、ギョーム・カネ、ジェシー・プレモンス、リー・ペイス、ダスティン・ホフマン



世界最高峰の自転車ロードレース"ツール・ド・フランス”で前人未到の7連覇を達成したアメリカ人ランス・アームストロング。どのようにしてその偉業は成し遂げられたのか、その真相が暴かれる。



自転車ロードレース界の一大スキャンダル。その全貌と、それを生み出してしまった自転車ロードレース界の闇。それがありのままに描かれているだけでドラマとしての面白さは無かった。

大病を克服した一流アスリートであり、慈善活動に労をいとわないスーパースターであり、しかしその裏ではドーピングにまみれて人々を欺いていた。というランス・アームストロングの人間性は興味深くて。その清濁併せ持った人物像をもっと掘り下げたものを観てみたかった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

森山中教習所 [マ行の映画]



『森山中教習所』
(2015・日本・1h43)
監督・脚本 : 豊島圭介
出演 : 野村周平、賀来賢人、岸井ゆきの、麻生久美子、光石研、根岸季衣、ダンカン



細かい事は気にしない大学生キヨタカ。車に跳ね飛ばされた事も気にせず、そのおかげで高校時代の同級生轟と共に非公認の自動車教習所に通える事になった。



原作漫画は読んでいて面白かった印象。浮世離れしているというか現実感が薄いというか、ある意味ファンタジー的な面白さもあったと思う。
それが実写映画になると現実感は意図しなくても出てきてしまい原作の面白さが今イチ出てこなかったように思う。



森山中の読みは「もりやまちゅう」。森山中学校の廃校跡だからという事に今更になって気付いた。

森山中教習所 (ビッグコミックス)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

クリーピー 偽りの隣人 [カ行の映画]



『クリーピー 偽りの隣人』
(2016・日本・2h10)
監督・脚本 : 黒沢清
出演 : 西島秀俊、竹内結子、香川照之、東出昌大、藤野涼子、川口春奈



元刑事で大学の犯罪心理学教授の男は6年前に起きた一家失踪事件の調査を始める。調査を進めるうち自身の自宅の隣人と事件の接点を見付けるが、その時既に隣人の邪悪な企みは始まっていた。


ネタバレ有。



映画の始まりから不穏な空気が漂っていて、それを面白く思えていたけど次第に面白いとは思えない領域にどんどん入り込んでいってしんどかった。

結末も一応事件は解決するものの、被害者たちには一生残る傷跡を残し、それでいて犯人はなんの罪滅ぼしをするでもなく罪悪感すらないままに消えていなくなったと、どうにもやるせない嫌ぁな幕切れだった。
その嫌ぁな感じを良しとするのかは好みの分かれる所だとは思うが自分にはダメだった。



本当の隣人があの地下室を作っていたという事で、本当の隣人も相当やばくて、そこを奴につけ込まれたのか。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ウォークラフト [ア行の映画]


ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンC ウォークラフト  2016 光沢プリント

『ウォークラフト』
"WARCRAFT" (2016・アメリカ・2h03)
監督・脚本 : ダンカン・ジョーンズ
出演 : トラヴィス・フィメル、トビー・ケベル、ポーラ・パットン、ベン・シュネツァー、ベン・フォスター、ドミニク・クーパー、ダニエル・ウー








オークと人間は別々の世界の種族だったが、オークの世界が滅亡の危機にあるため人間の世界につながるゲートを開け戦闘部隊を送り込み人間世界への侵略を始めた。



ゲームが原作。そのゲームを全く知らないので劇中に出てくる固有名詞を理解するのに戸惑う。なんとなく、薄らぼんやりの理解で何とか乗り切った。

世界観や設定は王道のファンタジーだと思う。本作では第1部完といった所。
そういう展開になるのか。という驚きもあって面白かった。
別の種族の生き物が同じ世界で共存できるのか。といった所が大きなテーマになってゆくんだろうと思う。そういった所は現代の社会が抱える問題と相通じる。そして、ファンタジーではお馴染みのダークサイドがそれを阻む。みたいな。
伏線も色々と張られていたし、無事シリーズ化されてこの物語が完結する事を期待。



人間の王様の兜、甲冑がカッコよかった。でも戦場で一人だけあんなにカッコよかったら目立って狙われそうな気がするが。実は影武者だったりして。



池袋シネマ・ロサにて。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ [英数字の映画]


Ost: We Are Your Friends
『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』
"WE ARE YOUR FRIENDS" (2015・アメリカ=フランス=イギリス・1h36)
監督・脚本 : マックス・ジョセフ
出演 : ザック・エフロン、エミリー・ラタコウスキー、シャイロー・フェルナンデス、アレックス・シェイファー、ジョニー・ウェストン、ウェス・ベントリー、ジョン・バーンサル




ハリウッドヒルズを境としたハリウッドの反対側サンフェルナンド・ヴァレー。何かの成功を掴み取ろうとする4人の若者。その内の一人はEDM(Electric Dance Music)の才能に恵まれていた。



アメリカでは大コケしたのでそれを覚悟の上で観た。そんなに悪くなかった。むしろ良かった。
都合のいい話で中身もそんなに無い。と言われればその通りなのかもしれない。
でも肝心のEDMのプレイシーンが良かった。詳しい事は分からないし、各曲の違いとかも分かっていないけど、でも良いミュージックシーンだと感じた。そこがショボかったらどうしようもない映画になっていただろうと思う。

ドラマとして観れば凡作だけれど、ミュージックシーンが素晴らしい。という点で本作は現代の『フットルース』なんではないかと思った。だからそんなに悪く思えない。
皆さんもそう思えばいいと思う。
だってみんな『フットルース』の事大好きじゃん。と断言するのは妄言が過ぎるか。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レジェンド 狂気の美学 [ラ行の映画]


レジェンド 狂気の美学/オリジナル・サウンドトラック

『レジェンド 狂気の美学』
"LEGEND" (2015・イギリス=フランス・2h11)
監督・脚本 : ブライアン・ヘルゲランド  製作総指揮・出演 : トム・ハーディ
出演 : エミリー・ブラウニング、デヴィッド・シューリス、クリストファー・エクルストン、タロン・エガートン







1960年代のロンドン裏社会を手中に収めたレジーとロンの双子のクレイ兄弟。レジーの妻は堅気になる事を望むが周囲が許さず、レジー自身も離れる事が出来なかった。



実話を基にした作品。トム・ハーディが双子の役を一人で演じている事が話題。確かに見事な一人二役だったが、正直見所はそこだけだった。
ギャングとして頂点を極める。それは破滅への始まりで。その頂点を極めるまでが面白いのか、破滅へと向かうのが切ないのか。面白くてやがて切ない。そういうギャング映画が良いギャング映画なのではないかと思う。本作はそのどちらも無かった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブレイク・ビーターズ [ハ行の映画]



『ブレイク・ビーターズ』
"DESSAU DANCERS" (2014・ドイツ・1h30)
監督 : ヤン・マルティン・シャルフ
出演 : ゴードン・ケマラー、ゾニア・ゲアハルト、オリヴァー・コニエツニー、セバスチャン・イェガー



1985年、東ドイツ。1本のアメリカ映画『ビート・ストリート』をきっかけに若者たちの間でブレイクダンスが流行する。それを反社会主義的とみなす大人たちはブレイクダンスを国家で管理しようとした。



ベルリンの壁崩壊が1989年、東西ドイツ統一が1990年。何もそれらは突然起こったわけではなくて。本作で描かれているような若者たちの自由への憧れや渇望が下地となって民主化へ向かう流れになっていったんではないかと思えた。
政治的な事ばかりではそういう国や社会を変えるほどの大きな流れにはならないんじゃないだろうか。



ブレイクダンス映画としての面白さはそれほどでもないが、懐かしさをもって観られた。
その頃日本でもブレイクダンスブーム。我らのブレイクダンススターと言えば風見慎吾さん。

ブレイクダンススター以前の風見さん。明菜ちゃんがかわええ。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

FAKE [英数字の映画]



『FAKE』
(2016・日本・1h49)
監督・撮影・出演 : 森達也
出演 : 佐村河内守、佐村河内香



聴覚障害を持つ音楽家である事で「現代のベートーベン」とマスコミに持ち上げられ、後のゴーストライター騒動で表舞台から姿を消した佐村河内守氏。彼は本当は何者なのか? カメラがその姿を映し出す。



ゴーストライター騒動について詳しい事は知らないが大体のいきさつは知っている。
このドキュメンタリー映画ではあくまで佐村河内氏側に立つ。それは森監督のこれまでのスタンスと一致するもので納得。
相対する二つの立場があるなら両方の意見を公平に聞くべきで、片方を世論側とするなら世論側ではないあまり意見が伝わってこない側の意見を公平に伝える。というのが森監督のスタンスではないかと思っている。
自分の場合、世間に詳しく伝わっているのであろうゴーストライター側の意見をあまりよく知らないのでこの件について佐村河内氏寄りの見方になってしまったが。

本作ではゴーストライターの人と暴露記事を書いた週刊文春の記者の方にも取材を申し込んだが断られたとの事。



ラスト12分間で世間で信じられている事実をひっくり返す出来事が起きる。
それによって音楽家としての才能を示したものの、聴覚障害についてはやっぱりそうなのかと思わざるを得ない。
そして最後に森監督が投げかけた質問、それに答えない佐村河内氏。やっぱりそうなのかと。

本作のタイトルに『FAKE』と付けた真意は、マスコミが騒動を面白さだけを優先させて伝えた事をFAKEとしているのか。
それとも森監督も佐村河内氏に対して何らかのFAKEを感じたのか。

佐村河内氏は結局本当の姿を見せなかったと思う。見せたいと思って見せた部分も有るけど、見せたらマズいと隠した、偽った部分もあるんじゃないか。
それがいいか悪いかは別として佐村河内氏だけでなく人間誰でもそういうFAKEな所は有るんだと思う。そういう意味なのか。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の15件 | -