So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

ジブリ語り


誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)

誰も語らなかったジブリを語ろう (TOKYO NEWS BOOKS)

  • 作者: 押井守
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本


押井守監督がスタジオジブリ作品と高畑勲、宮崎駿両監督を語るのは興味深い。

表紙のイラストが湯浅政明監督というのが意外。押井監督とジブリの関係はなんとなく分かるけど、そこに湯浅監督がどこでどうつながっているんだろう。
コメント(0) 

岡村ちゃんの曲








コメント(0) 

今日のかすかべ(第7回ボスイベント終了) [かすかべシティ]

第7回も終了。
ナーラオヨーデル 0秒.png

お辞儀シロ
おじぎシロ.png

ワニ山ロボさん
ワニ山ロボさん 1.png


ケツミントンデコをゲット。
ケツミントン 9.png
コメント(0) 

今日のかすかべ(ケツミントン) [かすかべシティ]

第7回のボスイベント開催中。ボスイベント終了後にケツミントンデコが貰えるおでかけキャンペーンの開催が予告されたので頑張んなきゃだなあ。

ケツミントン 1.png

ケツミントン 2.png

ケツミントン 3.png

ケツミントン 4.png

ケツミントン 7.png

ケツミントン 8.png

ケツミントン 5.png

ケツミントン 6.png





セガのおにいさんが陣内智則さんに似てる。
コメント(0) 

クロックワークス [映画]

クロックワークス配給のアクション映画2本を観た。オペレーション・クロマイト、ヴェンジェンス。
その2本にバッド・ウェイブを加えた3本が秋のクロックワークスアクション映画まつりといった感じのよう。
http://pacific-war-movie.com/operationchromite/
http://vengeance-nicolas-movie.com/
http://bad-wave-movie.com/#smooth-scroll-top

オペレーション・クロマイトは現在進行形の複雑な事情を抱えつつ単純に戦争アクションスパイ映画として楽しめる映画だった。

ヴェンジェンスはニコラス・ケイジ版必殺仕事人といった趣き。ちょっと前からニコラス・ケイジで必殺仕事人のハリウッドリメイクすればいいんじゃないかなあと思っていたところ。
世界有数の観光名所ナイアガラの滝があるナイアガラフォールズ市はアメリカでトップクラスに治安が悪いというのは初めて知った。



ところで、クロックワークスに関して前々から気になっていた事が他の人の質問でようやっと分かった。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5639587.html

groundbreaker 草分け、先駆者
コメント(0) 

今日のかすかべ(おまた上尾先生) [かすかべシティ]

上尾先生.png


野原一家(+ぶりぶり)ボールペン、ラムネ缶を購入。
DSC_0309.JPG
ボールペンはそれぞれのイメージカラー(インキは全部黒)。だけどシロは黒。白地に金文字だと見えづらいからだろうか。
DSC_0307.JPG

黒でもカッコいい。シロで黒を使ってしまったので黒磯ペンは発売されないのかもしれない。
DSC_0323.JPG

ラムネ缶はラムネを食べ終わったらチョコビのおまけシール入れに使用可能。
DSC_0308.JPG
コメント(0) 

ブレードランナー ブラックアウト 2022 [映画]



『ブレードランナー2049』はエンドロールがかなり長いという噂を耳にして面倒くせえなと思っていたけど、この短編観たらそんな気持ちもちょっとは和らいだ。

アクションシーンの作画は沖浦啓之さんなのだろうか。

そういえば沖浦監督の『人狼JIN-ROH』が韓国で実写リメイクされるとか。
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2074432

渡辺監督の『カウボーイビバップ』は米国で実写テレビシリーズになるとか。
http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=13029&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
コメント(0) 

クラッシャージョウREBIRTH


イブニング2017年19号 [2017年9月12日発売]【電子書籍】[ イブニング編集部 ]














新連載『クラッシャージョウREBIRTH』を遅ればせながら読んだ。イブニング初めて買った。
原作小説第2巻『撃滅! 宇宙海賊の罠』のコミカライズ。驚くほど安彦良和さんの現在の画風がコピーされている。
次のシリーズでは『アリオン』の頃の画風で見てみたい。
アリオン 1
















『クラッシャージョウREBIRTH』第1話では残念ながら宇宙感があまり感じられなかった。SF、スペースオペラ、宇宙の物語としてはそれはどうなのかと思う所。次回からに期待。
ちょっと物足りなかったのでそばに有った『プラネテス』の第1巻を読んだ。
プラネテス1巻【電子書籍】[ 幸村誠 ]


コメント(0) 

ダニえルもん

スイス・アーミー・マンを観た。何、これ? といった映画でそこが分からなくも有り面白い所でも有り。といった所で。


死体型ロボットダニえルもんがダノ太のもとにやってきた。と、F先生のお力を勝手に借りて解釈して納得してみたり。
DSC_0301.JPG
DSC_0306.JPG
DSC_0305.JPG
コメント(0) 

今日のかすかべ(第6回イベント終了とSABA50) [かすかべシティ]

かすかべシティ、第6回ボスイベント終了。
0秒サボテン.png

歴代イベントボス第1回から第5回
ボス 1~5  1.png



鯖五十郎
さば.png


コメント(0) 

<ノーカット版> [映画]

くノ一カット版ってなんだ?と思ったら<ノーカット版>だった。

で、

麻生久美子さんの女忍者を思い出したり



映画の内容は全く覚えていなかったり
コメント(0) 
前の15件 | -