So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

今日のかすかべ(豚) [かすかべシティ]

かすかべシティは今日の19時から第11回のボスイベント。約2日間のスプリント戦。
そして今年最後にもう1回、みんな大好き戦国大合戦のイベントが待っている。

探検隊の69、70にシルエットが見える。
Screenshot_2017-12-15-13-49-22.png
しかし、個人的に気になるのは71と72。

72と23が同じように見えるけど、一緒に並んでいないから71と72はぶりぶりざえもんではないのか。
Screenshot_2017-12-15-13-49-08.png



DSC_0485.JPG

_20171215_150831.JPG

_20171215_151155.JPG

http://www.acecook.co.jp/campaign/instagram/kobuta/
コメント(0) 

しんちゃんVSじいさん

顔面キック直撃
DSC_0483.JPG



VSクリリン
DSC_0481.JPG



ドラゴンボールでメタルクウラって全然知らないんだけどカッコいい。欲しい。
http://p-bandai.jp/item/item-1000120709/
100体セット、いい意味でふざけた企画で楽しい。100体(+おまけ1体)37万8千円。中古の軽自動車買える。
コメント(0) 

悪魔祓い、聖なる儀式

悪魔祓い、聖なる儀式を観た。現代の悪魔祓いの現状を映し出したドキュメンタリー。



人の心の中にある邪悪なもの、それによって生じる家庭内や地域内でのいざこざ全てを悪魔の所業と称し、その悪魔を権威のある聖職者が儀式によって祓う。
解決すればそれでよし、解決しなくても悪魔は手ごわい。だからもっと信仰心を持たなければいけないという事でなんとかなっていた。なんとかしていたのだろう。そう遠くはない昔までは。

医学、科学、化学の発達はそんなのはただの迷信、オカルト、まやかしであるとして、人の心の邪悪を解明しようとしてきた。
その成果もあったのだろうけど、すべてが解明されたわけではなく。

現代においても人の心の闇は奥深く。自分の中にある得体のしれない邪悪な何かを悪魔とする事で、そして儀式によってそれを追いはらう事でその人の心に平静が訪れ、起こるかもしれなかった犯罪の抑止になるのであれば悪魔祓いを単にオカルトと決めつける事は出来ないんじゃないかと思った。ただ、妄信的になってしまうのも危険ではあるけど。




コメント(0) 

カンフーボーイズ

来年のしんちゃんの映画カンフーボーイズ。ボーイズ? ネネちゃんいるけど。

「カンフーボーイズ!!」

「ちょっとぉっ! なんであたしがいるのにボーイズなのよ! おにぎりっ!」

「ひいいっ、なんでぼくぅ~」

ってところまで含めてカンフーボーイズなのかもしれない。

_20171211_142523.JPG

_20171211_142205.JPG

_20171211_143000.JPG
コメント(0) 

ぷにぷに [映画]



来年の映画しんちゃんの前売り特典。ぷにぷに!!カンフーしんちゃん。
本当にぷにぷにしてる。
拉麺大乱 1.JPG

拉麺大乱 5.JPG

拉麺大乱 3.JPG

拉麺大乱 4.JPG

拉麺大乱 6.JPG

拉麺大乱 7.JPG


久し振りに日本でも公開されるドリームワークスアニメ『ボス・ベイビー』の前売り特典。ボス・ベイビーぷにぷにストラップ。こちらはあまりぷにぷにしてない。
ボスベイビー.JPG

『カンフー・パンダ3』は公開されるという情報もあったけど結局公開されなかった。
シャンシャンがすくすくと育っているのに乗っかって今更ながら公開すればいいのに。


コメント(0) 

きょうのポストカード(酔拳2) [映画のポストカード]

酔拳2.JPG
下にゴールデン・ハーベストのロゴが見える。またあのオープニングで始まる香港アクション映画を観たい。



やはり1978年からのがいいなあと思う。それ以前のは見た事無かったけど1972年からのもいい。

現在はオレンジスカイ・エンターテイメントグループ傘下に入りオレンジスカイ・ゴールデン・ハーベスト・エンターテイメント・グループとなっているとか。
コメント(0) 

今日のかすかべ(豚柄) [かすかべシティ]

すげえ目がチカチカする


第10回ボスイベント 15.png



第10回ボスイベント 17.png



第10回ボスイベント 18.png



第10回ボスイベント 19.png

第10回ボスイベント 20.png



第10回ボスイベント 21.png



第10回ボスイベント 22.png
コメント(0) 

今日のかすかべ(第10回ボスイベント終了) [かすかべシティ]

第10回終了。トンメンの野郎ども強かったな。
第10回ボスイベント 6.png
第10回ボスイベント 7.png

第10回ボスイベント 2.png



かすかべ豚ランドが出来たので良かった。出来ればもっと拡張したい。
第10回ボスイベント 8.png




第10回ボスイベント 11.png




第10回ボスイベント 12.png
コメント(0) 

トートとオート

トートバッグス

CONVERSE(コンバース) トートバッグ ファスナー付き キャンバス ミニトートpolka polka(ポルカ ポルカ) トートバッグ アニマルプチバッグ キャンバス ファスナー付き 16color(ポルカポルカ) polka polka トートバッグ ボーダー ロゴ コットン キャンバス 6color(プリントスター)Printstar スタンダードキャンバストートバッグ 00777-SCT[ユニセックス]Wrangler(ラングラー) トートバッグ 2WAY メッシュポケットトート(ウエストフォード・ミル) Westford Mill ななめ掛けショルダートートバッグ8Lpolka polka(ポルカポルカ) トートバッグ 杢調 2WAY ポリキャンバストートWrangler(ラングラー) トートバッグ 2WAY デニム調トートWrangler(ラングラー) トートバッグ 2WAY フェザーポリエステル 合皮トート【Lifesupport pioneer】 あれもこれも収納 レザー トートバッグ レディース メンズ シンプル デザイン カジュアル 小銭入れ 雑誌 ノートパソコン 長財布 スマホ 収納


























オートバックス 

とよた真帆さん?


コメント(0) 

ジャスティス・リーグ/きょうのポストカード(バットマン) [映画のポストカード]

ジャスティス・リーグを観た。

バットマンVSスーパーマンでも明らかだったけど、DCコミックヒーロー大集合してより明らかになったのはバットマンの戦闘能力の低さ。中身何の特殊能力も持たない普通の中年男性だから仕方ない。金はたんまり持ってるけど。
戦闘能力の高さに順位をつけるならスーパーマンが断トツ桁違いに強い。次がワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ、フラッシュ、バットマンといった所か。
本来スーパーマン一人いれば十分地球の平和は守れる様に思える。他の5人で苦戦していた今回の敵にしても恐らくスーパーマン一人でやっつけられたはず。
ただ、スーパーマンは正義バカ、ヒーローバカであって敵と戦う能力には長けているけど、それだけでは平和は維持できないわけで。敵と戦わないで済むならそれに越した事は無いだろうし、戦うのであれば戦略や敵のリサーチ、メンバーの調整が必要で、それに敵と戦った後の事後処理も重要。その事に長けているのがバットマンなのだろうと思う。メカの整備も出来る。
そんなタイプの違うヒーローのスーパーマンとバットマンを中心にして個性豊かな他のヒーローも活躍する。ただ今アベンジャーズの方は内部分裂真っ最中でゴチャゴチャとしていて。どちらがヒーロー映画として面白いかと言えば現在はジャスティス・リーグの方なんじゃないだろうか。

スーサイド・スクワッドとはどういう風につながっていくんだろう。



きょうのポストカード(バットマン)
バットマン.JPG
コメント(0) 

今日のかすかべ(第10回ボスイベント開催中) [かすかべシティ]

かすかべシティ第10回イベント開催中。今回のボスTON-MENがめちゃくちゃ強い。
なんでこんなに強いのか。5匹分だから強いのか。

前回役に立たなかったモーレツタイムが今回は有効。

なかなかポイントも上がらない。始めたての人には優しい設定になっているんだろうか。その方がいいのかもしれないとも思うけど、しかしそれにしてもめちゃくちゃ強い。
TON-MEN 1.png


防衛すると貰えるのはブリクロのチラシ。
BLIKLO.png
コメント(0) 

ザ・サークル

ザ・サークルを観た。

ネタバレ有。

正直な所そんなに面白くはなかったんだけど、IT技術の進歩によって社会は大きく変わろうとしていて、現在はその転換期にあって、そう遠くない将来今では考えられないような生活スタイル、生き方が訪れるであろうと。それによって今よりも良い社会になると信じてその新しい世界に踏み出したのがエマ・ワトソン演じる若い女の子。
そしてその信念を基に旧世界の権力者であるおじさんも新しい世界に引きずり込む。そこでは皆平等な幸せが来るのかもしれない。現実問題そう上手くはいかないのかもしれない。
だとしてもこれからの新しい世界を切り開いていくのは若い女の子であると。確かにそうなのかもしれないなあと思った。



大企業の社長さん、最高責任者CEOと言うのか。その人が新商品や重大発表する際に自らが舞台に立ちプレゼンテーションする。っていうのはいつぐらいから始まったんだろうか。
日本でも見かけるようになったが、そういうのが得意な人もいれば苦手な人もいるだろうし、得意ではなさそうな人のを見るのも何かいたたまれないものが有る。
大企業の社長さんになるのも大変だろうけどなったらなったで色々大変な事があるなあと。
その社長さんのプレゼンというシチュエーションが本作の物語のヤマ場となる。

CEO役のトム・ハンクスのプレゼン、スピーチはやっぱり上手い。説得力があってユーモアもある。『パンチライン』のスタンダップコメディに通じるものを感じた。


コメント(0) 
前の15件 | -