So-net無料ブログ作成
検索選択

白いリボン [2011年1月に観た映画]

110110.jpg
『白いリボン』
“DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE” (2009・ドイツ=オーストリア=フランス=イタリア) 2h24
監督・脚本 : ミヒャエル・ハネケ
出演 : クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール



白いリボンは汚れた心の戒めとして。



ミヒャエル・ハネケ作品を観るのは初めて。
『ファニー・ゲーム』の印象、予告だけの印象で、とにかく生理的に受け付けないだろうと思い込んでしまっているのでそのほかの作品も観てませんでした。
本作はカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞したという事で、完全にミーハーな気持ちで観ました。
『ファニー・ゲーム』のトラウマ(観てもいないのに)を乗り越えさせたのはミーハー。
ミーハーはエセトラウマに勝る。

観始めると意外と普通に観れる。「硬質」といった言葉が似合う作風。
ご本人も硬そう。
Nahaufnahme Michael Haneke













本作はミヒャエル・ハネケによる「昔は良かった」幻想打破作品ではないだろうか。
昔の人が皆純粋で、倫理観に強く、互いを思いやる。と思ったら大間違い。と。人間がそんなに清廉であるはずがなかろう。と。
確かに現在と比べたら純粋で清廉な部分は多かったのかもしれない。でも心に闇の部分が全く無かったのかといったらそんな事は無く。各人がそれぞれ闇の部分を表に出さないよう押し殺していただけ。
押し殺していたものが出てきた日にはそれはもうドロドロとどす黒いものが。それが戦争につながった。という所も有るのかもしれない。
って事を冷徹な眼差しで見据えた作品。

しかし冷徹なだけではなく、人間の純粋な部分を温かみをもって描く所も少しだけど有る。それが有ったのがとても良かった。
闇との対比。の意味で出しただけかもしれないけど、それでも良かった。なんか安心した。
これで『ファニー・ゲーム』が観られるかと言ったらそれはまだありませんが。エセトラウマは根強い。



モノクロ作品。後半でフィルム1巻分ぐらいかよく分からないけど、そこだけ青味がかったモノクロになる。
なんだったんだろう?何か演出意図があったんだろうか?不安感を煽るとか。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

テンプラ・ソバ・ニーロ

inunekoさん、niceありがとうございます。
by テンプラ・ソバ・ニーロ (2011-01-16 19:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。