So-net無料ブログ作成
検索選択

プロメテウス [ハ行の映画]


Prometheus

『プロメテウス』
“PROMETHEUS” (2012・アメリカ・2h04)
製作・監督 : リドリー・スコット
出演 : ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース






地球上の全く異なる年代、地域の遺跡に遺された同じ地点を示す宇宙座標。そこに人類誕生の謎を解くカギがあると信じて旅立った人間に待っていたものとは。



『エイリアン』の前日譚である事はあまり表に出さず、人類の起源の謎に迫る壮大なSFであるかのようだったけど、オープニングにウォルター・ヒルとデヴィッド・ガイラ―の名前があって、やっぱり『エイリアン』なんだなあと何か一安心した。
しかし実際の所は『エイリアン』と同じ世界観の中で描かれるSFミステリーという事らしいので『エイリアン』とは繋がらないのだろうか。上手い事『エイリアン』に繋げたと思ったけどそれは勘違いだったのか。

最後に一方で『エイリアン』へと繋げて、一方で人類の起源の謎をさらに探る『プロメテウス』シリーズへと大きく舵を切る大胆さが本作が前日譚でもあり、リブートでもありで面白い映画だったなあと思ったのだけど。

人類の起源を探る大宇宙でのミッション内容がずさんで行き当たりばったりの出たとこ勝負なのには若干冷める所ではあった。でもそれは『エイリアン』の元々がSFホラーであるのだからという事で納得していたのに。

『エイリアン』と繋がらず。となると『エイリアンVSプレデター』はそもそも無かった事になってしまうのか。

最後に出てきたアレはエイリアン?こどもエイリアンといった感じで可愛かった。



冒頭のシーンは生命が生まれる前の地球だったのだろうか。白いヒトがやってきてエイリアンの素を飲んでそのDNAを地球に遺し、そして人類が生まれた?
つまりは人類の中にエイリアンのDNAが存在していたと。そのために地球における人類は失敗作で、その失敗作を始末するために白いヒトはエイリアンを地球に送り込もうとしたけど、エイリアンに白いヒトたちは絶滅させられたと。

アンドロイドのデヴィッドもまた人類は失敗作だという結論に達してしまったのだろうか。『アラビアのロレンス』からの学習?
だからデヴィッドもエイリアンを地球に送り込もうとしたのだろうか。

エイリアンのDNAを持たないアンドロイドのデヴィッドこそが白いヒトたちの望んだ人類なのか。
コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3