So-net無料ブログ作成
検索選択

の・ようなもの のようなもの [ナ行の映画]


小説 の・ようなもの のようなもの (角川文庫)

『の・ようなもの のようなもの』
(2015・日本・1h35)
監督 : 杉山泰一
出演 : 松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、尾藤イサオ、でんでん、野村宏伸、三田佳子









真打を目指していた若手落語家たちも35年の歳月が流れそれぞれの道を歩んでいた。
出船亭志ん魚は落語家を廃業し行方知れずとなっていたがどうしても呼び戻しある噺を一席演じさせなければならなくなった。



映画の中でも現実でも35年の月日が過ぎていて、その間に森田監督が亡くなり。
本作は森田作品にオマージュが捧げられている。かといって『の・ようなもの』のあの独特な雰囲気を再現するのではなくて。多分あの雰囲気をそのまま現在に甦らせたら相当厳しい事になっていたような気がする。

ちょい役の特別ゲスト的な人も含め出演者が過去の森田作品に関わった人が多くてどこか同窓会的雰囲気が楽しめる所ではある。
しかしそれだけじゃなくて『の・ようなもの』の35年後の物語として、世代交代はされ現在の若者世代が中心ではありながら『の・ようなもの』世代も重要なポジションにいて話が進められていき。
それは『の・ようなもの』世代に向けた昔を懐かしむノスタルジーだけではなく、現代の若者の目線を取り入れてそれぞれの世代がそれぞれの今を生きているという事なのだろうと思う。
『の・ようなもの』はその当時の若者たちの今を森田監督の感性で描いた映画で、本作は現在の若者や昔若者だった人の今をを描くという精神が受け継がれていたのではないかと思う。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。