So-net無料ブログ作成
検索選択

永い言い訳 [ナ行の映画]


永い言い訳 (文春文庫)

『永い言い訳』
(2016・日本・2h04)
監督・原作・脚本 : 西川美和
出演 : 本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、山田真歩、深津絵里、池松壮亮









冷え切ってしまった関係の夫婦。突然、妻が交通事故で亡くなるが人気作家である夫はその事に対して特に何も思う事はなかった。



西川監督らしい人間の本性の奥深い所をグサグサと突き刺してきたりもするが、本作には子供映画の要素も有るのでいつもより随分優しい。そこが良かった。

西川監督が子供の撮り方、それは子供への接し方でもあるんだろうけどそれが上手いのが失礼ながら意外だった。
師匠筋の是枝裕和監督も子供撮るの上手いし。何か秘訣を伝授されたりしたんだろうか。

モックンの父親(疑似ではあるが)役も良かった。
モックン、湖でブチ切れ→マネージャー抑える。のシーンが面白かった。あのシーンを引きの絵でワンカットで撮るセンスがさすが西川監督。

モックンの役名は衣笠幸夫。国民栄誉賞の元野球選手、鉄人衣笠祥雄さんと字は違うが同姓同名でその事にコンプレックスみたいなものを持っていた。自分も某芸能人の方と同姓同名(字は違う)だったりするけどその事についてのコンプレックスみたいなのはこれまでのところ無い。それは有りがちな名前という事も有るのかもしれない。「衣笠祥雄」とはレベルが違う。比べるわけにはいかない。



物語としては着地が上手く決まらなかったように思えた。結局主人公は死んでしまった妻にどんな想いを持つ事が出来たのかはっきりしない。
でも、後から考えてみて、主人公は妻が死んだ後も妻のいない世界を生き続けるわけで、そして妻が死んだ事で愛情が再び蘇えるなんていうのは都合の良過ぎる話で。誰かの死によって生きている側に当然何らかの変化は有ってもすべてが劇的に良い方向に向かうなんて事は無くて。それは死を美化していない、都合良く扱っていないという事に思えた。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。