So-net無料ブログ作成
検索選択

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 [ハ行の映画]


Freeheld [DVD + Digital]

『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』
"FREEHELD" (2015・アメリカ・1h43)
監督 : ピーター・ソレット  製作・出演 : エレン・ペイジ
出演 : ジュリアン・ムーア、マイケル・シャノン、スティーヴ・カレル、ジョシュ・チャールズ、ウィリアム・サドラー







ゲイの女性刑事が余命がわずかと知り遺族年金をパートナーに残したいと願うがその制度が無く却下される。周囲の人間が粘り強くサポートし続け女性の願いを叶えようとする。



スティーヴ・カレルが出ているという事で観た。スティーヴ・カレルとジュリアン・ムーアは『ラブ・アゲイン』で共演。同じく『ラブ・アゲイン』で共演したエマ・ストーンとライアン・ゴズリングが『ラ・ラ・ランド』で賞レースを席捲。
スティーヴ・カレルの本作での役は深刻になり過ぎない様に場を賑やかす人物。ロビン・ウィリアムズの後継者といった所。
その役割は一歩間違うと映画自体をぶち壊しかねないが、ギリギリスレスレでぶち壊すまではいかなかったと思う。



映画は社会派映画として良作だった。社会派ではあるけれど当の本人たちは社会と闘う事にそれほど関心は無かったんじゃないだろうか。出来ればひっそりと穏やかな暮らしを望んでいたんだろうと思う。
時代と状況によって社会と闘わざるを得ない役目となり、その役目をきっちりとこなし現在の制度を作った。



美談でもあるけど、美談であるだけに残された方には結構重いものが残されてしまったとも思えてしまう。その美談にその後の人生を縛られてしまうというか。
それを重いととるか、縛られていると思うかどうかは当人次第ではあるけど。残される側にそんなに重いものを後に残すのも考えものなんではないかなあと思った。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。