So-net無料ブログ作成
検索選択

ルパン三世 カリオストロの城 (MX4D上映) [ラ行の映画]



『ルパン三世 カリオストロの城 (MX4D上映)』
(1979・日本・1h40)
監督・脚本 : 宮崎駿
声の出演 : 山田康雄、小林清志、井上真樹夫、増山江威子、納谷悟朗、島本須美、石田太郎、永井一郎



世界中のニセ札作りの巣窟と噂されるカリオストロ公国に潜り込んだルパンと次元。カリオストロ公国は長年闇の歴史が続きそこに囚われるお姫様を救うためルパンはその闇を暴き出そうとする。



MX4Dでの上映。興味はそれほど無かったけど先着でポストカードが貰えるという事で初日に観に行った。
無事貰えた。一番好きな絵柄だった。カゲが別物で不二子ちゃん髪型違うけど。
DSC_0298.JPG



座席が動き、風や水が吹きかけられ、照明が瞬き、煙(炭酸ガス?)が立ち上る。だから何だ。と鬱陶しさしか感じず、ポストカードも貰ったしもういいか。と開始早々退出しようかと思ったけど、特別料金2,200円が勿体無くて我慢。

各種の仕掛けは作品の中でのアクションと連動していて、そのタイミングが全くズレないのはお見事だと思った。
伯爵の最期の時はどういう仕掛けが有るんだろう? と思っていたけど特にそんな大きな仕掛けは無く。死んでんだから不謹慎だし、静かに冥福を祈るという事か。

カリオストロの4DXは面白さよりも昔ゲーセンに有ったゲームを懐かしく思い出した。
クリフハンガー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0)




今更ながら時計塔内部のアクションシーンは凄いと思う。手描きで大掛かりな歯車が動いてるってだけでも凄い。その上でのアクションをそれこそタイミングがズレる事無く成立させるという。凄い。



もう何十年に渡って観てきて一番観た回数の多い映画だけど、今回初めてクラリスの置かれた立場を考えるようになった。
両親である大公夫妻は恐らく伯爵によって暗殺され、そして伯爵との望まない結婚を迫られる。その中でカリオストロの闇の歴史を知り、そこから抜け出せない事を知る。未来には何の希望もなくただ絶望的な現状を受け入れるしかない。そこにルパン参上。命を懸けてお姫様を救い出そうとする。
改めて素敵な話だなと思う。



銭形の名セリフ「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です」を銭形はルパンとクラリスがどういう関係だかを知らないんだからそう言うのはおかしい。みたいな指摘をいつだったかネット上で見た。確かにそうなんだろうけど、ああ見えて銭形はロマンチストで、だからそういう事には意外と敏感に察するという事ではないかと良いように解釈する。だってファンだから。
それにルパンと銭形は地下で一晩一緒に過ごしたわけで、その時にカリオストロの事とかクラリスの事も話した可能性も無い事は無いんじゃないかとも思う。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0