So-net無料ブログ作成

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男 [ア行の映画]



『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』
"DER STAAT GEGEN FRITZ BAUER" (2016・ドイツ・1h45)
監督・脚本 : ラース・クラウメ
出演 : ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、リリト・シュタンゲンベルク



ナチスドイツによるユダヤ人虐殺において指揮的役割を担い重要戦犯となるがその行方をくらましたアルドフ・アイヒマン。
ドイツ検事局検事長フリッツ・バウアーはその潜伏先の情報を得るが身柄を確保するにはイスラエルの情報機関モサドにその情報を渡す以外に方法は無かった。



『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』ではアイヒマンの身柄を確保した所から物語が始まるが、本作はアイヒマンがどの様にして身柄を確保されたのか、そこに至るまでの困難が描かれる。

ドイツでも戦後復興の方に国家、国民の意識は向いていて、まだ数年しか経っていないのに戦争についての記憶も薄れてきている。それでいいのかとバウアー氏。自分たちの戦争を総括した上での復興でなければならない。そのためにも重要戦犯を自分たちの手で裁かなければならない。
しかしナチスの残党が今だ強い勢力を持っていて自分たちだけの手でという事は難しく、違法ながらも情報をモサドに渡さなければならなかった。
そういったバウアー氏の信念と執念が描かれる。そしてバウアー氏を描く上で氏のプライベートな事についても隠される事は無く。その点誠実と言えば誠実で実直。でも意外だった。今の時代なら隠す必要も無いという事なのだろう。

バウアー氏の部下のエピソードで重要なカギを握るあの人を演じているのが男の人だったらショックだったけど女優さんだった。



本作にしても『アイヒマン・ショー』にしてもアイヒマンが冷血な極悪人である事は疑いようも無いとしている。責任者の一人ではあるのは確かだけど、ひねくれ者としては本当にそうなのだろうかと思ってしまう。何かアイヒマン一人に罪を押し付けているような気がしてしまう。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0