So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒッチコック/トリュフォー [ハ行の映画]


Hitchcock/Truffaut [DVD] by Alfred Hitchcock

『ヒッチコック/トリュフォー』
"HITCHCOCK/TRUFFAUT" (2015・アメリカ=フランス・1h20)
監督・脚本 : ケント・ジョーンズ
出演 : アルフレッド・ヒッチコック、フランソワ・トリュフォー、マーティン・スコセッシ、デヴィッド・フィンチャー、黒沢清







1962年にフランソワ・トリュフォー監督によってアルフレッド・ヒッチコック監督へのインタビューが行われ、そして1966年に現在もなお読み継がれる『映画術 ヒッチコック/トリュフォー』は刊行された。
ヒッチコック作品とその本に影響を受けた10人の映画監督がその思いを語る。



ヒッチコック作品もトリュフォー作品も熱心に観た事は無く本数もそんなに多くない。トリュフォー作品に至っては『アメリカの夜』ぐらいかも。

現在ではお二人とも名匠、巨匠と呼ばれる映画監督だけど、1960年代のヒッチコック監督の評価はそんなに高くは無かったみたいで。そんな時にトリュフォー監督からのインタビューを受ける。
観客を楽しませ怖がらせ満足させるためのヒッチコック監督の数々の高度な映画術、技法。それらはヒッチコック監督の映画に対する信念をもとに編み出された。
しかし、当の観客はそんな事には気付いてはくれない。それでもいいや。と、とっくにヒッチコック監督も諦めていたのかもしれないけど、そこに新進気鋭のフランス人監督がきてあなたの映画と映画術は素晴らしいとし、今まで誰も気付いてくれなかった細かい所まで褒め称えてくれる。そりゃ当然嬉しいだろうなと思う。サービス精神旺盛な人だったみたいだからインタビューもノリノリだったんじゃないかと想像する。
国も違えば年代も違う二人の共通する映画製作という点で友情と信頼と尊敬が築かれる。映画好きの末端にいる自分にも嬉しく思える所でもあった。

本作はヒッチコック作品に影響を受け『映画術 ヒッチコック/トリュフォー』を読み込んだ有名監督たちがヒッチコック作品がいかに素晴らしくて、その映画術がどれだけ優れているかを語るインタビュー映画なので二人がどの様にお互いを尊敬し合っていたかという所は想像するしかないが、そこら辺のドラマを観てみたいと思った。



ヒッチコック監督を語る中にブライアン・デ・パルマ監督がいないのは何か物足りなさを感じてしまう。のはヒッチコック作品よりデ・パルマ作品の方が好きだからだろうか。
その物足りなさはデ・パルマ作品についてのドキュメンタリー映画"De Palma"を観ればいいのか。日本で公開はされるのだろうか。




2017年の映画始め。年末から続いた腰痛のため自分としては遅めの映画始め。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジョージRA [ジョージ]


Off the Record Guide to the Film Career of George Clooney

ハーイ、ボクです。皆さんはもう御覧になられたでしょうかスコシージ監督入魂の一作『沈黙~サイレンス~』。ボクは感動したなあ。どこが感動するかって『沈黙サイレンス』って一息で言うと競走馬ネーム感がブワッて増す所ですよねえ。
んじゃ、また。バッハハーイ。チンモクサイレンス一着でゴオーール。

馬 HORSE ホース ウマ uma うま 西洋馬 動物 シルエット ステッカー シール デカール (ブラック)


ジョージ、イソノー [ジョージ]


Off the Record Guide to the Film Career of George Clooney
ハーイ、ボクでございまーす。では早速ですがボクの物真似聞いて下さい。あー、あー、んっ、ん、ん、こーこーこー。こーーーー。えー、ちなみにきっかけはジャパーンのCGアニメだったんですけどねぇ。そのタイトルを怒鳴ると不思議な事に同じくジャパーンの国民的アニメになるという。こーこー、こらー、こらあー、こらあーあーあー。ではでは。
「こらあーガンツオー!」
んじゃ、まったねー。バッハハーイ。んがふっふ。


日本限定!!映画ミニポスター(ムービーFlyer ) : Gantz : O対訳 サザエさん〈2〉【講談社英語文庫】対訳 サザエさん〈9〉【講談社英語文庫】


バイオハザード:ザ・ファイナル [ハ行の映画]


ポスター/スチール 写真 A4 パターン5 バイオハザード ザ・ファイナル 光沢プリント

『バイオハザード:ザ・ファイナル』
"RESIDENT EVIL: THE FINAL CHAPTER" (2016・アメリカ・1h47)
製作・監督・脚本 : ポール・W・S・アンダーソン
出演 : ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、イアン・グレン、ショーン・ロバーツ、オーエン・マッケン







ウェスカーの策略によってただ一人残されたアリスにレッドクイーンが接触してくる。人類全滅まで残り48時間。救う手立ては廃墟となったラクーンシティの地下施設ハイブに有るという。かつて多くの人間を殺したレッドクイーンを信じアリスはハイブへと向かう。



ネタバレ有。



前作『バイオハザードV リトリビューション』はどうでもいいような内容だったけど(『バイオハザード』オールスター映画としては面白い。)、本作冒頭で更にどうでもいい作品になってしまった。別に特に思い入れが有るわけでもないんだけどなんかスッキリしない気持ちになる。
このシリーズの特徴として、あえて状況説明をせずにどんどん話が進んでいく。というのが有るけど、そのための前作を無視した様な急展開だとするなら納得するしかないが、それが上手く行っているとも思えない。
なんだか分からないまま話が進んでいくがそれが面白い。というのが上手く行ったのは1作目だけだろうと思う。結局最後まで1作目を超えられないままポールとミラによるシリーズは一応完結した。



今まで語られる事の無かったT-ウィルス誕生の経緯が描かれる。今更なんでだろう? と思ったけどちゃんと理由は有った。そのために今まで描かれてこなかったのか。結構行き当たりばったりだからそこまで考えてたとは思えない。

T-ウィルスの最初の発症事例では何故T-ウィルスは広まらなかったのか。改良(改悪?)されて爆発的に広まるようになったのか。



アイザック博士役のイアン・グレンの狂っていく感じががジャック・ニコルソンっぽくて良かった。



2016年最後に観た映画。この頃腰痛で大変だったのを思い出す。年末年始はほぼ横になってるしかなかった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マーサ、あるいはマーシー・メイ [マ行の映画]


ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンA マーサ、あるいはマーシー・メイ 光沢プリント

『マーサ、あるいはマーシー・メイ』
"MARTHA MARCY MAY MARLENE" (2011・アメリカ・1h42)
監督・脚本 : ショーン・ダーキン
出演 : エリザベス・オルセン、サラ・ポールソン、ヒュー・ダンシー、ジョン・ホークス








若者たちの集団生活の場から離れ姉のもとに身を寄せた女性。その中で集団生活での記憶がフラッシュバックし女性の心を不安定にさせる。



ネタバレ有。



Tカードの更新時期で無料で旧作を1本レンタル。
劇場公開時には観なかったが、後になって海外のポスターを見て気になる作品になっていたので観た。
http://www.impawards.com/puzzles/2011_martha_marcy_may_marlene_hard.html

カルト集団によるマインドコントロールの恐ろしさが描かれている。というのはなんとなく知っていた。もし知らずに観ていたらちょっと分かりづらかったかもしれないがそういう事なんだろうなあと思いながら観ていた。

結局あの集団はなんだったんだろう? 何を目的としているんだろう? と考えるとよくは分からない。分からないから余計怖いのかもしれない。

驚愕のラストが待っている。というのも知った上で観て、何が起こるのかと色々考えていて、確かにあの終わり方はある意味では驚いた。
最初はどういう事だか分からなかったけど、カルト集団の恐怖という事で納得しかけた。それだけではないんじゃないか。と、しばらく経ってから思い直した。
あの状況を主人公は恐怖と感じていたのではなく、どこかで待ち望んでいたんじゃないだろうか。
姉のもとでのいわゆる普通の暮らしに馴染めなくなってしまった自分に気付き、そんな自分を受け入れてくれるあの場所に戻りたいとどこかで思っていたのかもしれない。
だから奴らが現れても主人公は何の行動もしなかったんじゃないだろうか。
そういう精神状態にしたのもマインドコントロールによってであり、その恐ろしさが表されていたのかもしれない。



主人公の行いが自己責任であるなら年齢が重要になってくるんじゃないかと思うがよく分からなかった。大学への入学がどうのこうの言っていたので未成年だったのかどうなのか。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ポスターを見て気になる映画 [映画]

http://www.impawards.com/2017/bananaman.html
"Bananaman "
どんな内容か全然分からないが邦題は『バナナマン』?


http://www.impawards.com/2017/captain_underpants.html
"Captain Underpants"
ドリームワークスアニメ。日本では劇場公開されないので久し振りの様に思えてしまう。

http://www.impawards.com/2017/catfight.html
"Catfight"
アン・ヘッシュ、アリシア・シルバーストーンと出演者に興味ひかれる。

http://www.impawards.com/2017/despicable_me_three_ver2.html
"Despicable Me 3"
今回もミニオンが主役? 三姉妹の成長の方が気になる。

http://www.impawards.com/2017/ghost_in_the_shell_ver2.html
"Ghost in the Shell"
荒巻たけし。

http://www.impawards.com/2017/guardians_of_the_galaxy_vol_two.html
"Guardians of the Galaxy Vol. 2"
ベイビー・グルート探しをしてしまう。

http://www.impawards.com/2017/john_wick_chapter_two_ver17.html
"John Wick: Chapter Two"
ポスター全般凝っててカッコいい。

http://www.impawards.com/2017/kong_skull_island_ver7.html
http://www.impawards.com/2017/kong_skull_island_ver21.html
"Kong: Skull Island"
『地獄の黙示録』感。

http://www.impawards.com/2017/power_rangers_ver17.html
"Power Rangers"
カッコいい。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

時代感覚の古さを露呈 [映画]

6月24日(土)公開予定。メル・ギブソン監督、ガーくん主演『ハクソー・リッジ』。
なんで『ハックソー・リッジ』にしなかったんだろう。
「ハクソー」と聞くと「歯糞」しか思い浮かばないんだが。TOHOシネマズで幕間の女の子も「歯糞」って言ってた。
この時代歯糞なんてもう言わないのか。歯垢? デンタルプラーク?
「ハックソー」だと「はっくしょん」とか言われると思ったのか。それは当然言うと思うけど。


私の少女時代 -Our Times- [ワ行の映画]


我的少女時代

『私の少女時代 -Our Times-』
"我的少女時代" (2015・台湾・2h14)
監督 : フランキー・チェン
出演 : ヴィヴィアン・ソン、ワン・ダールー、ディノ・リー、デイヴィ・チェン









現在の自分の人生、仕事、恋愛に悩む女性が1990年代の高校生だった自分自身を振り返る。



映画が公開されてから台湾での年間1位の興行成績と知って観る気になった。

何か日本の少女マンガの映画化みたいな感じで。少女マンガ読んだ事無いし、少女マンガの映画化も観た事ないんだけど。と言っといて、『のだめカンタービレ』はマンガも読んだしドラマも映画も観た。『動物のお医者さん』もマンガは読んだ。

台湾の高校生の恋愛が描かれる。そういう映画と知っていたら観なかったかもしれない。
外見に無頓着だった女子高校生が恋をし、外見にも気を使うようになるがそれで恋が上手く行く事は無く様々な紆余曲折が待ち構えている。
台湾映画らしいと思える純粋さを微笑ましく観られている時間も少しは有ったけど、紆余曲折が有り過ぎてその内どうでもよくなってきてしんどくなってきた。
恋がすんなりと成就せず焦らすのが恋愛映画の醍醐味なのだろうけど、本作を観て改めて自分には恋愛映画が向いていない事が分かった。

甘酸っぱい青春回顧だけでなく、過ぎ去った日を振り返る事で現在の自分を見つめ直す。という所が台湾で広い世代に受け入れられたんじゃないだろうか。

伏線の回収を律儀なまでにしているのは好感が持てる。

アンディ・ラウは今も昔も中華圏のスーパースターなのだと改めて分かった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マダム・フローレンス! 夢見るふたり [マ行の映画]


FLORENCE FOSTER JENKIN

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
"FLORENCE FOSTER JENKINS" (2016・イギリス・1h51)
監督 : スティーヴン・フリアーズ
出演 : メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ、レベッカ・ファーガソン、ニナ・アリアンダ






1944年、ニューヨーク。富豪の女性フローレンス・フォスター・ジェンキンスは戦争を憂い、兵士たちを労うため自身のコンサートをカーネギーホールで開催する。しかしマダムは極度の音痴だった。



ネタバレ有。



第二次世界大戦真っ最中の話だとは知らなくて、そうだと分かった時には随分とのんきな話だなあとちょっと呆れた。
ワーグナーの曲を公(?)の場で演奏してるのもどうなんだろうかと思ったが、実際第二次大戦中でも普通に演奏されていたという事。それはそれ、これはこれでワーグナーの事は置いといて、ワーグナーの作った音楽は素晴らしいと認められていたと。

アメリカ本土だとそんなに深刻な状況では無かったんだろうか。逆に戦争景気で浮かれてる人もいたりして。これが世界恐慌の時代だと全然違うんだろうけど。



本作は邦題にある通り夢見るふたりの物語だった。実際には夢見ていたのは一人でもう一人は献身的にサポートする側。
現実にはサポートする側にもっと打算的な所が有ったんじゃないかと穿った見方をしてしまう。
マダムは幾つになっても夢見る少女のままであって、最期に現実を思い知らされる事になるが最期の最期は夢の中へ旅立っていった。そういうある意味幸せな女性がいて(不幸も抱えてはいたが)、戦時中の世の中に笑いと明るさを振りまいた。



マダムの歌は音痴というより幼い。幼児が精一杯上手く歌おうとしているけど自分が思っているほどには上手くはないといった感じ。
それが可愛らしいんだけど、でも笑えもする。その絶妙な歌い方を表現出来るのがさすがメリル・ストリープ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シークレット・オブ・モンスター [サ行の映画]


ポスター/スチール 写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン2 シークレット・オブ・モンスター 光沢プリント

『シークレット・オブ・モンスター』
"THE CHILDHOOD OF A LEADER" (2015・イギリス=ハンガリー=フランス・1h56)
監督 : ブラディ・コーベット
出演 : トム・スウィート、ベレニス・ベジョ、リーアム・カニンガム、ロバート・パティンソン、ステイシー・マーティン







第一次世界大戦が終わり各国の代表が戦後処理の話し合いのためフランスに集まっていた。アメリカ国防長官付きの男も家族を連れていたが幼い息子の危険な本性が次第に目覚めてゆく。



ネタバレ有。



冒頭の序章がとんでもなく期待を盛り上げる。しかし、序章は日本の配給会社が時代説明のために日本独自で付け加えたものだと最後に説明が有って、その序章をこしらえた人はどんだけ才能のある人物なんだと感心するばかりだった。
でもよくよく考えてみて、あれはやっぱり音楽が凄かったんではないかと思う。あの音楽ならどんな映像でも、きっとアンパンマンやおさるのジョージでも何か物凄い期待と不安を煽られる映像になってしまうんじゃないだろうか。



後に架空の独裁国家の独裁者となる少年の物語。架空とは言ってもナチスドイツとヒトラーを想像させる。
独裁者となる人物は生まれ持った資質を持っているのか、それともその才能を育まれてしまうのか。といった事が描かれているんだろうと思う。性悪説か性善説かといった。
ヒトラーを想像させる少年ともなるとその両方なのかもしれない。独裁者としての類稀な資質を持ち、なおかつそれが十分に育まれる環境にある。



本作には映画の中では明かされない謎が色々と忍ばされているらしい。少年が成長すると父親ではなくあの人物そっくりになるというのはそういう事なんだろうなあという事ぐらいしか分からなかった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 [ハ行の映画]


Freeheld [DVD + Digital]

『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』
"FREEHELD" (2015・アメリカ・1h43)
監督 : ピーター・ソレット  製作・出演 : エレン・ペイジ
出演 : ジュリアン・ムーア、マイケル・シャノン、スティーヴ・カレル、ジョシュ・チャールズ、ウィリアム・サドラー







ゲイの女性刑事が余命がわずかと知り遺族年金をパートナーに残したいと願うがその制度が無く却下される。周囲の人間が粘り強くサポートし続け女性の願いを叶えようとする。



スティーヴ・カレルが出ているという事で観た。スティーヴ・カレルとジュリアン・ムーアは『ラブ・アゲイン』で共演。同じく『ラブ・アゲイン』で共演したエマ・ストーンとライアン・ゴズリングが『ラ・ラ・ランド』で賞レースを席捲。
スティーヴ・カレルの本作での役は深刻になり過ぎない様に場を賑やかす人物。ロビン・ウィリアムズの後継者といった所。
その役割は一歩間違うと映画自体をぶち壊しかねないが、ギリギリスレスレでぶち壊すまではいかなかったと思う。



映画は社会派映画として良作だった。社会派ではあるけれど当の本人たちは社会と闘う事にそれほど関心は無かったんじゃないだろうか。出来ればひっそりと穏やかな暮らしを望んでいたんだろうと思う。
時代と状況によって社会と闘わざるを得ない役目となり、その役目をきっちりとこなし現在の制度を作った。



美談でもあるけど、美談であるだけに残された方には結構重いものが残されてしまったとも思えてしまう。その美談にその後の人生を縛られてしまうというか。
それを重いととるか、縛られていると思うかどうかは当人次第ではあるけど。残される側にそんなに重いものを後に残すのも考えものなんではないかなあと思った。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK [サ行の映画]


映画 ジャック リーチャー NEVER GO BACK 2016 ポスター 42x30cm トム クルーズ Jack Reacher: Never Go Back アウトロー [並行輸入品]

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』
"JACK REACHER: NEVER GO BACK" (2016・アメリカ・1h58)
監督・脚本 : エドワード・ズウィック  製作・出演 : トム・クルーズ
出演 : コビー・スマルダーズ、ダニカ・ヤロシュ、パトリック・ヒューシンガー、オルディス・ホッジ







元軍人の男が電話でのみの知り合いの窮地を救うため自らも軍と何者かに追われる事となり、身に覚えのない娘を名乗る少女も命を狙われる事になった。



日本公開は2016年11月11日。ちょっと早い公開だけどこのまま2017年の正月映画になるんだろうと勝手に思っていた。なんせトム・クルーズ主演作だし。来日もしてくれたし。なのでのん気に先延ばししていたら正月まで持たず上映最終日になっていて、最終日の最終の回ギリギリ滑り込みで観た。

トム・ハンクス主演の『インフェルノ』(10月28日公開)も正月まで持たなかった。まあ『インフェルノ』はそれも納得だけども。トム・クルーズ、トム・ハンクスの主演作がそういう事になるっていうのはなんか寂しい。

トム・クルーズ主演のアクションミステリーとしてはそんなに悪くなかったと思う。ミステリーとしては真相が呆気ない感じではあったけど。
ミステリアスな主人公のプライベートな部分が垣間見え。見せ過ぎたかもしれないがそこが面白かったし。

トム・クルーズ出演作『タップス』や『ア・フュー・グッドメン』、エドワード・ズウィック監督作『戦火の勇気』が思い起される部分とかも有ったりして。

娘を名乗る少女、敵の最強の男がもうちょっと魅力的だったらもっと面白くなったのかもしれないなあと思うが、でもトム・クルーズより魅力的であってはならないわけでそこが難しい所なのかもしれない。
最新主演作"トム・クルーズのThe Mummy"(仮題)はいつもと違うような感じがする。ラッセル・クロウと共演だし。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ガール・オン・ザ・トレイン [カ行の映画]


ポスター/スチール 写真 A4 パターン1 ガール・オン・ザ・トレイン 光沢プリント

『ガール・オン・ザ・トレイン』
"THE GIRL ON THE TRAIN" (2016・アメリカ・1h53)
監督 : テイト・テイラー
出演 : エミリー・ブラント、ヘイリー・ベネット、レベッカ・ファーガソン、ジャスティン・セロー、ルーク・エヴァンス、エドガー・ラミレス、アリソン・ジャネイ、リサ・クードロー






アルコール依存症の女性が一人の女性の失踪事件解決にかかわろうとする。しかし依存症により記憶が定かで無いため真相に辿り着くのには困難を極める。



ネタバレ有。



クズな男のために人生を狂わされる女性たちの物語。それでも女性は逞しく生きていける。そういう応援の映画でもあっただろうと思う。

年齢的にガールではないんではないかと思うが。年齢なんか関係なく男は女性をガールとして扱え。という事なのか。でもそうだとしたらレディの方が適切だろうし。
人生狂わされたとしても一から(ガールから)やり直せるという事か。別の新しい列車に乗って。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

インフェルノ [ア行の映画]


ポスター/スチール 写真 A4 パターン1 インフェルノ 光沢プリント

『インフェルノ』
"INFERNO" (2016・アメリカ・2h01)
製作・監督 : ロン・ハワード
出演 : トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、シセ・バベット・クヌッセン、ベン・フォスター、オマール・シー、イルファ・カーン








イタリア、フィレンツェの病室で目覚めたラングドン教授。数日前からの記憶の無い教授だったが少ない手掛かりから世界的なウィルステロ計画の実行を知りその阻止のため奔走する。



ラングドン教授シリーズ3作目。
教授の頭脳と薀蓄で世界の謎を明かし危機を救うシリーズ。その3作目ともなるとやはりマンネリ感は有るだろうと思う。
前2作『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』、あんまりよく覚えていないのでマンネリというより前もこんな感じだったなあと思いながら観ていた。

本作は失敗だったかなと思う。失敗の原因はクライマックスを体力勝負にした事だと思う。
頭脳で勝負する教授ではアクションで大活躍する見せ場は作れず、かといって教授の代わりに体力勝負できるキャラクターがいるわけでもなく。
なので失礼ながらおばちゃんが体力勝負で活躍せざるを得ない状況になってしまう。おばちゃんがアクションで大活躍するのもそれはそれで面白かったりもするが、そこに教授が中途半端に参加してくるのでどうにもしまらないクライマックスになってしまった。日本の出来の悪いアクション大作の様なクライマックスのレベル。
マンネリな上に盛り上がらないクライマックスと、失敗作だったと思う



WHO世界保健機構は実際あんなに武闘派だったりするんだろうか?
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画