So-net無料ブログ作成

クラッシャージョウ 4Kリマスター [カ行の映画]


クラッシャージョウ デザイナーズノート

『クラッシャージョウ』
(1983・日本・2h12)
監督・脚本 : 安彦良和
声の出演 : 竹村拓、佐々木るん、小林清志、小原乃梨子、二又一成、武藤礼子、大塚周夫、曽我部和行、長堀芳夫、弥永和子、渡部猛、柴田秀勝、納谷悟朗、小林修、久米明







宇宙海賊に犯罪の片棒を担がされたクラッシャージョウのチーム。そのカタを付けるため海賊がアジトとする惑星に侵入したジョウたちは海賊が使い方次第で宇宙が裂けてしまうワープ装置を手にしている事を知る。



4Kリマスター上映会。TOHOシネマズ新宿にて。ブルーレイBOXも予約していたのでいいかと思っていたが入場者特典でポストカードが貰えるという事で。

ビスタサイズでの上映。4:3のテレビサイズで作ってそれをビスタサイズにトリミングしたという事で、4:3が本来の形なんだろうけど今はテレビもほとんどワイドだし、それに映画館のスクリーンで上映されるならビスタサイズの方がいいと思う。

4Kの映像は発色が鮮やかになっている。様な気がした。



豪華声優陣の中に永井一郎さんがいたらもっと豪華だったろうなと思う。



最初にトレーラーを襲ったのは大統領側という事なんだろうか。それもバードが仕組んだ。とも考えたがそれは違うんだろう。
そもそもバードはクラッシャーダンが描いた絵図によって動いていたという事。クラッシャーと連合宇宙軍情報部の利害が一致した共同作戦?
ダンの思惑はクラッシャーをはめた奴らを徹底的にぶっ潰すという事で、そのためなら息子のジョウのチームも一つのコマとして使う。コマとして使うのはジョウたちを信用していたから。
結局この映画の中で一番頭がキレて、そして敵に回すと一番ヤバいのはクラッシャー創始者の一人、クラッシャーダンだったと。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 [ハ行の映画]


ポスター/スチール 写真 A4 パターン2 ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 光沢プリント

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
"BRIDGET JONES'S BABY" (2016・イギリス=フランス=アメリカ・2h03)
監督 : シャロン・マグアイア  脚本・出演 : エマ・トンプソン
出演 : レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・デンプシー、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズ





43才になったブリジット・ジョーンズ。アメリカ人実業家のジャックと元恋人のマークのどちらかが身籠った赤ちゃんの父親である事態に。3人の奇妙な関係が波乱が有りつつも続き、無事赤ちゃんは生まれる。そしてどちらが本当の父親なのかも判明する。



ネタバレ有。



12年振りのシリーズ3作目。アメリカではヒットはしなかった(評判は良かったらしい)ので観ないでいいかと思っていたけど、イギリスでは大ヒットという事で、そうなると気になって観る気になった。

そんなに大ヒットするほど面白いとは思えなかったが、12年振りの3作目で一応完結編という事が大ヒットの要因だろうと思う。それほどこのシリーズが愛されブリジット・ジョーンズというキャラクターが愛されていたという事で。その愛がアメリカよりもご当地イギリスの方が深かったと。

完結はこちらが期待する通りのハッピーエンドでそれは良かった。
もう一つ期待していたのはヒュー・グラントの登場。それは叶わなかったが一応何かしら(スピンオフ?)の含みは有る感じ。



下世話な興味としてレニー・ゼルウィガーの顔に注目してしまう。シーン毎になんか微妙に違う感じ。誰だってその日によって変わるだろうけど。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

弁護人 [ハ行の映画]


弁護人 (The Attorney) OST (韓国盤)

『弁護人』
(2013・韓国・2h07)
監督・脚本 : ヤン・ウソク
出演 : ソン・ガンホ、キム・ヨンエ、イム・シワン、オ・ダルス、クァク・ドウォン、チョン・ウォンジュン、イ・ハンナ、イ・ソンミン、シム・ヒソブ






1981年、軍事政権下の韓国。弁護士の男は税務を専門に扱い成功していたが、不当に逮捕され拷問による供述で刑罰を受けようとしている若者たちを救うため国家を相手に法廷で戦う。



ネタバレ有。



軍事政権国家を相手に法廷モノとしてどういう決着が付くのかが気になったが、まあそういう事になるだろうなという決着。何しろ相手は軍事政権国家。
それでもどんな不利な状況にあっても法を信じ、例え国家を相手にしても信念を曲げない正義の物語。
その正義の物語としては、証言台に立った軍医の人のその後が気になる。あの人も正義を貫いた立派な人だった。

そんな真面目な正義の映画なのに、ソン・ガンホ、ヅラ? と不真面目な事を考えていたりした。

法廷での1シーンでソン・ガンホの長台詞をワンカットで撮っているのがカメラがかなり複雑に動いていて凄いなと思った。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

メン・イン・キャット [マ行の映画]


NINE LIVES

『メン・イン・キャット』
"NINE LIVES" (2016・フランス=中国・1h27)
監督 : バリー・ソネンフェルド
出演 : ケヴィン・スペイシー、ジェニファー・ガーナー、マリーナ・ワイスマン、ロビー・アメル、クリストファー・ウォーケン、マーク・コンスエロス








事故をきっかけに猫になってしまった大企業の社長。人間だった頃は仕事にかまけて一緒に過ごせなかった家族と猫として過ごし家族の大切さに気付く。一方で魂を失った社長の体は死を目前とし、そのため会社は乗っ取りの危機にあった。一刻も早く人間に戻らなければならないがその方法は見当もつかなかった。



ドタバタコメディとしてはそんなに笑えない。バリー・ソネンフェルド監督のコメディだとそういう感じだろうなとは思っていたけど。
本作は改心モノでもあり、その点では悪くは無かった。とびきり良いという程でもなかったけど。
猫好きなら十二分に楽しめるのかも。個人的には猫よりもジェニファー・ガーナーが可愛かった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ぼくのおじさん [ハ行の映画]


ぼくのおじさん オリジナル・サウンドトラック

『ぼくのおじさん』
(2016・日本・1h50)
監督 : 山下敦弘
出演 : 松田龍平、大西利空、真木よう子、戸次重幸、寺島しのぶ、宮藤官九郎、小菅汐梨、キムラ緑子、戸田恵梨香






兄夫婦の家に居候する哲学者の弟。自分の恋のため甥っ子同伴でハワイに向かう。



時代設定は現代。現代において昭和時代のファミリードラマを再現。といった趣。ケンちゃんチャコちゃんあたりを思い出した。
昭和のファミリードラマという事で何事も大らか。昭和がそんなに大らかだったかというとそれは幻想なような気もするが、昔は良かった的な。
でもなんにしろ大らかなのは心が和むので良かった。



子役の子二人が良かった。お兄ちゃん役の子は演技が上手。おじさんを呼ぶ時の「おじさん」の言い方が上手い。言い方も状況に合った言い方で。呆れてる場合が多いが。聞いてるとなんか楽しい。
妹役の子はそれも演技なのかちょっとぶきっちょな感じで。それが昭和の子役っぽい感じになっていて良かった。



新しい寅さんを目指しているような感じがしないでもないが、シリーズ化はどうなんだろう。主に興行的な面で。
それに子供の成長は早いし。本作の様なおじさんと甥っ子の大らかな関係を描き続けるのは難しそう。『6歳のボクが大人になるまで』の様に何年間か撮り続けて子供たちの成長とおじさんのかかわりを描いた作品が出来そう。それも寅さんでやっていた事か。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画