So-net無料ブログ作成

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー [ラ行の映画]


Rogue One: A Star Wars Story - The Official Collector's Edition

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
"ROGUE ONE A STAR WARS STORY" (2016・アメリカ・2h13)
監督 : ギャレス・エドワーズ
出演 : フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルスゾーン、ドニー・イェン、チアン・ウェン、リズ・アーメッド、アラン・テュディック、マッツ・ミケルセン、フォレスト・ウィテカー






帝国が建造中の大量破壊兵器デススターの開発者の一人は極秘にデススターに急所を作った。その事を同盟軍に報せ、デススターの設計図を盗み出す事を指示する。その任務に就いたチームの中には開発者の娘もいた。



『モンスターズ/地球外生命体』『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督なので肝心な所をスレスレで見せない寸止め演出を本作でもやるのかと思っていたけど、本作では封印。それで良かったと思う。



ドニー・イェンはアクションシーンでの見せ場は少なかったけど思った以上に重要な役ではあった。アクション俳優というより一俳優としての起用だったと思える。
ドニー・イェン、エンドロールでは3番目に名前が出て凄いなと思って、じゃあチアン・ウェンは? と思ったらチアン・ウェンは最後だった。上手い事バランスとってんなと思った。



デススターによって恐らく億単位で人が死んでるんだろうと思う。当然ディズニー史上最多の死者数だろうと思う。それが許されるのも『スターウォーズ』だからだろうと思う。



"ローグ・ワン"は"紅一点"という事なんだろうか? と、勘違いしていた。フランス語で赤の意味のルージュはROUGE。英語で悪党、ゴロツキ、ならず者などを意味するローグはROGUE。
http://xn--dckbb2c9a9dr8cyevh2b5f.biz/entry729.html
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ピートと秘密の友達 [ハ行の映画]


ポスター/スチール 写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン2 ピートと秘密の友達 光沢プリント

『ピートと秘密の友達』
"PETE'S DRAGON" (2016・アメリカ・1h44)
監督・脚本 : デヴィッド・ロウリー
出演 : オークス・フェグリー、ブライス・ダラス・ハワード、ウーナ・ローレンス、ロバート・レッドフォード、ウェス・ベントリー、カール・アーバン








森にいた男の子は長い間一人きりで暮らしていたと思われるが話を聞くと友達と一緒にいたという。その友達はふわふわした緑色の大きな空飛ぶ生き物だった。



面白かった。ディズニーのファミリーファンタジー。なので性根の腐った悪者はいない。それぞれがそれぞれにとっての正しい行いをしようとする。誰かの正しさは誰かの間違いでもあるけどこの映画では男の子にとっての正しさが絶対的な正しさであって。それでいいと思います。

その正しさに冒険有り、ロバート・レッドフォードの暴走有りで向かい、そして不幸になる人のいないハッピーエンドで良かった。



『サウスポー』で子役にして既に大物感を漂わせていたウーナ・ローレンスが出てた。やはり上手い。それと走り方が良かった。子供らしい全身を使った走り方。



ドラゴンの造形が爬虫類系ではなく哺乳類系。顔はシュレック。モチーフが形を変えた少年と犬の友情モノであるから哺乳類なんだろうなあと勝手に納得する。

ドラゴンが姿を消すのは本当に消えるのではなく周りの景色と同化するという事で、消えるとか炎を吐くとかの特殊な能力は持っていない、ただ姿がドラゴンなだけの普通の生き物と理解していたが最後の方で炎吐いた。普通の生き物では無かった。

SHREK HEAD シュレック ヘッド

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ドント・ブリーズ [タ行の映画]


ポスター/スチール 写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン2 ドント・ブリーズ 光沢プリント

『ドント・ブリーズ』
"DON'T BREATHE" (2016・アメリカ・1h28)
製作・監督・脚本 : フェデ・アルバレス
出演 : ジェーン・レヴィ、ディラン・ミネット、ダニエル・ゾヴァット、スティーヴン・ラング









アメリカ、デトロイトで泥棒稼業に手を染めている3人の男女。自分たちのルールに則って犯罪を重ねていたが過疎地区に住む盲目の老人宅に大金が有るという情報を得てそのルールを破る。家庭の事情を抱える女性は最後の仕事と決め老人宅に忍び込んだ。



ネタバレ有。



その老人がめちゃくちゃ強かった。という事だけで88分とは言え一本の映画として持つのだろうか。と思っていたがそれだけではなく他の仕掛けも有った。
それによって善悪の境界を曖昧にする効果も有った。

一軒家を舞台とし、主に四人の登場人物、一人減り、一人増え、一人減り、一人減る。そして一匹。限定空間で限られた少数の登場人物でグイッと引き込ませる演出が力強い。



盲目の老人がなぜ若い女性を誘拐出来たのか。それは女性を家に呼び寄せて、女性には罪の意識も有っただろうし。で、そのまま監禁といった所だろうか。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画