So-net無料ブログ作成

咲 -Saki- [サ行の映画]



『咲 -Saki-』
(2017・日本・1h49)
監督 : 小沼雄一
出演 : 浜辺美波、浅川梨奈、古畑星夏、廣田あいか、山田杏奈、永尾まりや、菊地麻衣、加村真美、武田玲奈、岡本夏美、夏菜



麻雀がワールドワイドなメジャー競技となっている世界で長野の女子高校生たちは日本の全国大会出場、そして日本一を目標にして熱い闘牌を繰り広げていた。



池袋シネマ・ロサにて。2017年初のロサは2月になってしまった。



人気原作漫画からのアニメ化、実写ドラマ化、そしてドラマの劇場版という流れ。
3か月近くロサで映画を観ていなかったから。という理由だけでいきなり劇場版を観た。

最初はそのコスチュームからキワモノ映画なのかと思っていたが、登場人物の子たちがみな基本的にはいい子たちで、礼儀正しいし、当然可愛いし。という事も有り意外と言っては失礼だけど面白かった。
コスチュームが際どいのは約2名だけで他の子は普通だった。

決勝進出4校にそれぞれドラマが有り、主役校だけに焦点が当てられるのではなく均等に描かれているのが良かった。
1チーム5人編成で4校20人となれば目立たない子も出てくるがそれはしょうがない。目立たない事が最大の武器だったりする子もいて。

麻雀映画であるけど女子高校生たちの青春部活モノでもあって。みんな麻雀に対して真摯、そして楽しんでいるという所も良かった。

麻雀に関してはミラクル連発だけれどそこはフィクションという事で。魔球、必殺技の日本の伝統がここに息づいている。



家に帰ってからテレビドラマの方を配信で観た。1話が約23分で全4話。特別編(21分)1話で観易かった。
ドラマでは主役校に焦点が当てられる。そして麻雀シーンが少ない。あくまで部活という事なんだろうと納得。部員間の人間関係が描かれる。
特別編で長野県県大会決勝進出校を紹介。

広島弁を喋る子が何故そうなのかはドラマを観ても分かんなかったけど、設定を見たらおじいさんか誰かが広島出身とかなんとか。



全国大会出場と日本一を目指しているのでやはりそこまでを観たい。テレビドラマでなり、劇場版全国大会編でなり。もう決まっているんだろうか。それとも本作の盛り上がり次第とか。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マグニフィセント・セブン [マ行の映画]


ポスター/スチール 写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン1 マグニフィセント・セブン 光沢プリント

『マグニフィセント・セブン』
"THE MAGNIFICENT SEVEN" (2016・アメリカ・2h13)
製作総指揮・監督 : アントワン・フークア
出演 : デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホン、ヴィンセント・ドノフリオ、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、マーティン・センスマイヤー、ヘイリー・ベネット、ピーター・サースガード





アメリカ、西部開拓時代。自分たちの手で切り拓いた土地を暴力によって奪われた者たちがガンマンを雇い取り戻そうとする。集まったのは七人のガンマンだった。



黒澤明監督『七人の侍』の西部劇リメイク『荒野の七人』のリメイク。

「マグニフィセント」は「崇高な」とかの意味らしい。崇高な正義の物語であるんだろうけど暴力性が高く単純に正義の物語とも言いづらい。
相手が暴力を使うのならそれよりも強力な暴力で守り奪い返すしかない。という事のようで、それを正義と言っていいのだろうかと思ってしまう。アクション映画、特に西部劇ならそれで間違い無いと分かってはいるものの、何か本作は暴力を強調し過ぎてしまったように思えてどこかすっきりとしない。



『ザ・コンサルタント』を丸の内ピカデリーシアター3で、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』をシアター1で、そして本作をシアター2で。丸の内ピカデリーのはしごをしてみた。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画