So-net無料ブログ作成
検索選択
2007年9月に観た映画 ブログトップ

2本 『ブラック・スネーク・モーン』『サッド ヴァケイション』 [2007年9月に観た映画]

9月24日(月) シネ・アミューズ イースト


『ブラック・スネーク・モーン』 “BLACK SNAKE MOAN” (2007・アメリカ) 1h55


監・脚 : クレイグ・ブリュワー


出 : サミュエル・L・ジャクソン、クリスティーナ・リッチ、ジャスティン・ティンバーレイク


・過激な部分(セックス依存症だとか、S・L・ジャクソンがC・リッチを鎖で縛り付けるだとか。)が注目されがちな作品だと思うが、その過激さだけが前面に出るのではなくて、そこを乗り越えて人生の再生へと進む物語に感動した。


・場末のバーでS・L・ジャクソンが歌うブルースがめちゃくちゃカッコ良かった。


・ネガティブ・カッター・モー・ヘンリー、今回確認するのを忘れた。


Black Snake Moan

Black Snake Moan

  • アーティスト: Original Soundtrack
  • 出版社/メーカー: New West
  • 発売日: 2007/01/30
  • メディア: CD







9月24日(月) シネマライズ2F

『サッド ヴァケイション』 (2007・日本) 2h16

監・原・脚 : 青山真治

出 : 浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、光石研、斉藤陽一郎、オダギリジョー、辻香緒里、中村嘉葎雄

・“北九州3部作”の最終作という事で、勝手に和やかな大団円を想像していたが、相変わらず重たい作品だった。

・青山監督がこの3部作で行き着いた結論は、男が色々なことをしでかすが、最後は女性の強さで物事は丸く収まる。という所か。石田えりが、浅野忠信に面会するシーンでその女性の強さがものの見事に表されているが、あまりに強過ぎてちょっと怖かった。何かそこだけサイコ・スリラーを観ている気分になった。

・中国マフィアのボスを演じた役者さんは、中国の人なんだろうか?日本人なんだろうか?不気味さ、いかがわしさが体全体からあふれ出ている。

・本作の浅野忠信は、ビートたけし化している。

サッド・ヴァケイション

サッド・ヴァケイション

  • 作者: 青山 真治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: 単行本


2本 『ブラック・スネーク・モーン』『サッド ヴァケイション』 [2007年9月に観た映画]

9月24日(月) シネ・アミューズ イースト


『ブラック・スネーク・モーン』 “BLACK SNAKE MOAN” (2007・アメリカ) 1h55


監・脚 : クレイグ・ブリュワー


出 : サミュエル・L・ジャクソン、クリスティーナ・リッチ、ジャスティン・ティンバーレイク


・過激な部分(セックス依存症だとか、S・L・ジャクソンがC・リッチを鎖で縛り付けるだとか。)が注目されがちな作品だと思うが、その過激さだけが前面に出るのではなくて、そこを乗り越えて人生の再生へと進む物語に感動した。


・場末のバーでS・L・ジャクソンが歌うブルースがめちゃくちゃカッコ良かった。


・ネガティブ・カッター・モー・ヘンリー、今回確認するのを忘れた。


Black Snake Moan

Black Snake Moan

  • アーティスト: Original Soundtrack
  • 出版社/メーカー: New West
  • 発売日: 2007/01/30
  • メディア: CD







9月24日(月) シネマライズ2F

『サッド ヴァケイション』 (2007・日本) 2h16

監・原・脚 : 青山真治

出 : 浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、光石研、斉藤陽一郎、オダギリジョー、辻香緒里、中村嘉葎雄

・“北九州3部作”の最終作という事で、勝手に和やかな大団円を想像していたが、相変わらず重たい作品だった。

・青山監督がこの3部作で行き着いた結論は、男が色々なことをしでかすが、最後は女性の強さで物事は丸く収まる。という所か。石田えりが、浅野忠信に面会するシーンでその女性の強さがものの見事に表されているが、あまりに強過ぎてちょっと怖かった。何かそこだけサイコ・スリラーを観ている気分になった。

・中国マフィアのボスを演じた役者さんは、中国の人なんだろうか?日本人なんだろうか?不気味さ、いかがわしさが体全体からあふれ出ている。

・本作の浅野忠信は、ビートたけし化している。

サッド・ヴァケイション

サッド・ヴァケイション

  • 作者: 青山 真治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: 単行本


3本 『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』『包帯クラブ』『壁男』 [2007年9月に観た映画]

9月23日(日) 新宿ミラノ2


『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』 (2007・日本) 2h01


監・脚 : 三池崇史


出 : 伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、木村佳乃、桃井かおり、香川照之、安藤政信、石橋貴明、堺雅人、クエンティン・タランティーノ


・面白くなりそうな要素のいっぱい詰まった映画だと思うけど、要素だけに留まってしまっている所が多々ある。この間観た、『デス・プルーフ』もそうだったけど、もう少しサクサクと話しが展開すれば、もっと面白い作品になったと思う。


・日本人が英語でウェスタンというのはどうなんだろう?と思っていたけど、そこの所はほとんど違和感なかった。


・香川照之の役は、ちょっと前までなら完全に竹中直人がやっていたはず。竹中直人にとっては、強力なライバルが出てきてしまった。


・本作の見所の一つは、久し振りにとんねるずのコント(残念ながらノリさん抜き)が見れる。終わりの方に少しだけど。


スキヤキ・ウエスタンジャンゴ 上巻 (1) (ビッグコミックススペシャル) (ビッグコミックススペシャル)

スキヤキ・ウエスタンジャンゴ 上巻 (1) (ビッグコミックススペシャル) (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: しりあがり 寿
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/08/30
  • メディア: コミック

 





9月23日(日) 新宿オスカー劇場

『包帯クラブ』 (2007・日本) 1h58

監 : 堤幸彦

出 : 柳良友弥、石原さとみ、貫地谷しほり、田中圭、関めぐみ、佐藤千亜妃

・元々あまり本を読まない。当然、原作の天童荒太の小説は読んでいないので、浮ついた青春モノだったらイヤだなぁと思っていたけど、そういうタイプの作品ではなかった。 シビアな問題を描きつつ、どこかファンタジー的でもあるというバランスが自分的には良かった。

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 天童 荒太
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/02/07
  • メディア: 新書





9月23日(日) テアトル新宿 (レイトショー)

『壁男』 (2006・日本) 1h38

製・監・脚 : 早川渉

出 : 堺雅人、小野真弓

・『包帯クラブ』同様、本作も諸星大二郎の原作(こちらは漫画)は読んでいない。本作の場合は、出来れば読んでから観た方が良いのかもしれない。

・"壁男"とはなんだったのかがよく分らない。“よく分らない存在”という所が重要なんだろうか?

・地方局のテレビレポーター役に小野真弓というのは、これ以上ないと思えるキャスティング。

壁男 (双葉文庫 も 9-4 名作シリーズ)

壁男 (双葉文庫 も 9-4 名作シリーズ)

  • 作者: 諸星 大二郎
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2007/09/18
  • メディア: 文庫

       


3本 『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』『包帯クラブ』『壁男』 [2007年9月に観た映画]

9月23日(日) 新宿ミラノ2


『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』 (2007・日本) 2h01


監・脚 : 三池崇史


出 : 伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、木村佳乃、桃井かおり、香川照之、安藤政信、石橋貴明、堺雅人、クエンティン・タランティーノ


・面白くなりそうな要素のいっぱい詰まった映画だと思うけど、要素だけに留まってしまっている所が多々ある。この間観た、『デス・プルーフ』もそうだったけど、もう少しサクサクと話しが展開すれば、もっと面白い作品になったと思う。


・日本人が英語でウェスタンというのはどうなんだろう?と思っていたけど、そこの所はほとんど違和感なかった。


・香川照之の役は、ちょっと前までなら完全に竹中直人がやっていたはず。竹中直人にとっては、強力なライバルが出てきてしまった。


・本作の見所の一つは、久し振りにとんねるずのコント(残念ながらノリさん抜き)が見れる。終わりの方に少しだけど。


スキヤキ・ウエスタンジャンゴ 上巻 (1) (ビッグコミックススペシャル) (ビッグコミックススペシャル)

スキヤキ・ウエスタンジャンゴ 上巻 (1) (ビッグコミックススペシャル) (ビッグコミックススペシャル)

  • 作者: しりあがり 寿
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/08/30
  • メディア: コミック

 





9月23日(日) 新宿オスカー劇場

『包帯クラブ』 (2007・日本) 1h58

監 : 堤幸彦

出 : 柳良友弥、石原さとみ、貫地谷しほり、田中圭、関めぐみ、佐藤千亜妃

・元々あまり本を読まない。当然、原作の天童荒太の小説は読んでいないので、浮ついた青春モノだったらイヤだなぁと思っていたけど、そういうタイプの作品ではなかった。 シビアな問題を描きつつ、どこかファンタジー的でもあるというバランスが自分的には良かった。

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 天童 荒太
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2006/02/07
  • メディア: 新書





9月23日(日) テアトル新宿 (レイトショー)

『壁男』 (2006・日本) 1h38

製・監・脚 : 早川渉

出 : 堺雅人、小野真弓

・『包帯クラブ』同様、本作も諸星大二郎の原作(こちらは漫画)は読んでいない。本作の場合は、出来れば読んでから観た方が良いのかもしれない。

・"壁男"とはなんだったのかがよく分らない。“よく分らない存在”という所が重要なんだろうか?

・地方局のテレビレポーター役に小野真弓というのは、これ以上ないと思えるキャスティング。

壁男 (双葉文庫 も 9-4 名作シリーズ)

壁男 (双葉文庫 も 9-4 名作シリーズ)

  • 作者: 諸星 大二郎
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2007/09/18
  • メディア: 文庫

       


2本 『Helpless』『EUREKAユリイカ』 [2007年9月に観た映画]

9月19日(水) DVD(レンタル)


『Helpless』 (1996・日本) 1h20


監・脚・音 : 青山真治


出 : 浅野忠信、光石研、辻香緒里、斉藤陽一郎


・青山監督の新作『サッド・ヴァケイション』を観てみようかなぁと思ったので、なにやら本作と『ユリイカ』と『サッド・ヴァケイション』で"北九州3部作"になっているという事で、とりあえず本作を観ることに。


・青山監督の作品は『ユリイカ』しか観ていない。公開当時『ユリイカ』が、海外の映画祭で賞を受賞したという事で観たが、よく分らなくてそれ以来青山監督の作品を敬遠してきた。(『レイクサイド・マーダー・ケース』は観ようかと思ったけど、公開が2週間位で終わってしまったので観逃してしまった。)


・で、本作もよく分らなかった。結局の所、何が言いたいのか。


・浅野忠信の乗っているバイクがSRXというのが妙に懐かしい。






9月20日(木) DVD(レンタル)

『EUREKA ユリイカ』 (2000・日本) 3h37

監・脚・音 : 青山真治

出 : 役所広司、宮崎あおい、宮崎将、斉藤陽一郎、光石研、国生さゆり

・映画2本分の長さなので昨日半分ぐらい観て、今日残りを観る。

・苦手意識の有った映画だったけど、今回観たら良かった。『Helpless』と繋がっている作品なので、両方観て良さが分ったのかもしれない。

・『Helpless』で何が言いたかったのかも本作を観て少し分った気がする。『Helpless』は暴力に向かわざるを得なかった青年の話で、本作は暴力に向かわざるを得なかった少年を見守る大人の話。青山監督の視点が青年から大人に変わったということなんだろう。その少年を見守る大人(役所広司)の目が限りなく優しい。

・本作の難点は、やはり時間の長さと、声が小さくて何を言っているのか聞き取れないシーンが多々有ってイラッとする所。それと少年に殺された被害者とその家族側の視点が抜けている所。それを描いたら、もう1本分以上の時間が必要だけど。

・役所広司が良かった。特に国生さゆりと再会するシーンで、離婚届を背広の内ポケットから取り出す際、対面の相手に丸見えなのに、なんとか気付かれないようにさりげなく取り出そうとする仕草が、その役の性格を匂わせていて絶妙だった。

Helpless

Helpless

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • 発売日: 2000/04/28
  • メディア: DVD
ユリイカ(EUREKA)

ユリイカ(EUREKA)

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2002/02/22
  • メディア: DVD
サッド・ヴァケイション

サッド・ヴァケイション

  • 作者: 青山 真治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: 単行本


2本 『Helpless』『EUREKAユリイカ』 [2007年9月に観た映画]

9月19日(水) DVD(レンタル)


『Helpless』 (1996・日本) 1h20


監・脚・音 : 青山真治


出 : 浅野忠信、光石研、辻香緒里、斉藤陽一郎


・青山監督の新作『サッド・ヴァケイション』を観てみようかなぁと思ったので、なにやら本作と『ユリイカ』と『サッド・ヴァケイション』で"北九州3部作"になっているという事で、とりあえず本作を観ることに。


・青山監督の作品は『ユリイカ』しか観ていない。公開当時『ユリイカ』が、海外の映画祭で賞を受賞したという事で観たが、よく分らなくてそれ以来青山監督の作品を敬遠してきた。(『レイクサイド・マーダー・ケース』は観ようかと思ったけど、公開が2週間位で終わってしまったので観逃してしまった。)


・で、本作もよく分らなかった。結局の所、何が言いたいのか。


・浅野忠信の乗っているバイクがSRXというのが妙に懐かしい。






9月20日(木) DVD(レンタル)

『EUREKA ユリイカ』 (2000・日本) 3h37

監・脚・音 : 青山真治

出 : 役所広司、宮崎あおい、宮崎将、斉藤陽一郎、光石研、国生さゆり

・映画2本分の長さなので昨日半分ぐらい観て、今日残りを観る。

・苦手意識の有った映画だったけど、今回観たら良かった。『Helpless』と繋がっている作品なので、両方観て良さが分ったのかもしれない。

・『Helpless』で何が言いたかったのかも本作を観て少し分った気がする。『Helpless』は暴力に向かわざるを得なかった青年の話で、本作は暴力に向かわざるを得なかった少年を見守る大人の話。青山監督の視点が青年から大人に変わったということなんだろう。その少年を見守る大人(役所広司)の目が限りなく優しい。

・本作の難点は、やはり時間の長さと、声が小さくて何を言っているのか聞き取れないシーンが多々有ってイラッとする所。それと少年に殺された被害者とその家族側の視点が抜けている所。それを描いたら、もう1本分以上の時間が必要だけど。

・役所広司が良かった。特に国生さゆりと再会するシーンで、離婚届を背広の内ポケットから取り出す際、対面の相手に丸見えなのに、なんとか気付かれないようにさりげなく取り出そうとする仕草が、その役の性格を匂わせていて絶妙だった。

Helpless

Helpless

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • 発売日: 2000/04/28
  • メディア: DVD
ユリイカ(EUREKA)

ユリイカ(EUREKA)

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2002/02/22
  • メディア: DVD
サッド・ヴァケイション

サッド・ヴァケイション

  • 作者: 青山 真治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: 単行本


2本 『デス・プルーフinグラインドハウス』『シッコ』 [2007年9月に観た映画]

9月16日(日)11:45~ みゆき座


『デス・プルーフ in グラインドハウス』 "DEATH PROOF" (2007・アメリカ) 1h53


製・監・脚・撮・出 : クエンティン・タランティーノ


出 : カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン


・CGを使わないカーアクションという所に期待していたけど、迫力は有るものの、個人的に好きな『ダイ・ハード3』、『RONIN』、『ボーン・スプレマシー』のカーアクションには及ばなかった。


・Z・ベルを車のボンネットに乗せたままでのカーアクションというのが有ったけど、冷静に考えると一回停めて降ろしてあげればいいのでは?「・・・なんて事言う奴にこの映画観る資格は無え」と、怒られそうですが。


・映画史上最弱の殺人鬼とも思えるK・ラッセルの役柄には笑った。また、『ブレーキダウン』でのk・ラッセルの役柄と真逆というのも個人的には面白かった。 『ブレーキダウン』ではJ・T・ウォルシュに顔面キックを炸裂させていたのに、本作では最後の最後にR・ドーソンに顔面キックを喰らっている。

・本作のネガティブカッターは、モー・ヘンリー。






9月16日(日)15:25~ シャンテ シネ2

『シッコ』 "SICKO" (2007・アメリカ) 2h03

製・監・脚・出 : マイケル・ムーア

・長く感じた。アメリカの医療の現状と、他の4カ国の医療の現状を比較するということをしているけど、その4つのパターンが同じような感じなので正直飽きた。

・本作もネガティブカッターは、モー・ヘンリー。

 

グラインドハウス ~デス・プルーフ&プラネット・テラー~ ビジュアル&メイキングブック

グラインドハウス ~デス・プルーフ&プラネット・テラー~ ビジュアル&メイキングブック

  • 作者: エンタテイメント書籍編集部
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2007/09/28
  • メディア: 大型本
デス・プルーフ in グラインドハウス

デス・プルーフ in グラインドハウス

  • アーティスト: オリジナル・サウンドトラック
  • 出版社/メーカー: WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
  • 発売日: 2007/08/29
  • メディア: CD
映画『グラインドハウス/デス・プルーフ』ポスター

映画『グラインドハウス/デス・プルーフ』ポスター

  • 出版社/メーカー: シネマコレクション
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ブレーキ・ダウン

ブレーキ・ダウン

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2002/08/23
  • メディア: DVD


2本 『デス・プルーフinグラインドハウス』『シッコ』 [2007年9月に観た映画]

9月16日(日)11:45~ みゆき座


『デス・プルーフ in グラインドハウス』 "DEATH PROOF" (2007・アメリカ) 1h53


製・監・脚・撮・出 : クエンティン・タランティーノ


出 : カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン


・CGを使わないカーアクションという所に期待していたけど、迫力は有るものの、個人的に好きな『ダイ・ハード3』、『RONIN』、『ボーン・スプレマシー』のカーアクションには及ばなかった。


・Z・ベルを車のボンネットに乗せたままでのカーアクションというのが有ったけど、冷静に考えると一回停めて降ろしてあげればいいのでは?「・・・なんて事言う奴にこの映画観る資格は無え」と、怒られそうですが。


・映画史上最弱の殺人鬼とも思えるK・ラッセルの役柄には笑った。また、『ブレーキダウン』でのk・ラッセルの役柄と真逆というのも個人的には面白かった。 『ブレーキダウン』ではJ・T・ウォルシュに顔面キックを炸裂させていたのに、本作では最後の最後にR・ドーソンに顔面キックを喰らっている。

・本作のネガティブカッターは、モー・ヘンリー。






9月16日(日)15:25~ シャンテ シネ2

『シッコ』 "SICKO" (2007・アメリカ) 2h03

製・監・脚・出 : マイケル・ムーア

・長く感じた。アメリカの医療の現状と、他の4カ国の医療の現状を比較するということをしているけど、その4つのパターンが同じような感じなので正直飽きた。

・本作もネガティブカッターは、モー・ヘンリー。

 

グラインドハウス ~デス・プルーフ&プラネット・テラー~ ビジュアル&メイキングブック

グラインドハウス ~デス・プルーフ&プラネット・テラー~ ビジュアル&メイキングブック

  • 作者: エンタテイメント書籍編集部
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2007/09/28
  • メディア: 大型本
デス・プルーフ in グラインドハウス

デス・プルーフ in グラインドハウス

  • アーティスト: オリジナル・サウンドトラック
  • 出版社/メーカー: WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
  • 発売日: 2007/08/29
  • メディア: CD
映画『グラインドハウス/デス・プルーフ』ポスター

映画『グラインドハウス/デス・プルーフ』ポスター

  • 出版社/メーカー: シネマコレクション
  • メディア: おもちゃ&ホビー
ブレーキ・ダウン

ブレーキ・ダウン

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2002/08/23
  • メディア: DVD


2007年9月に観た映画 ブログトップ