So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

きょうのポストカード(デーヴ) [映画のポストカード]

フロントランナーを観た。
次の大統領に最も近いと言われるゲイリー・ハート。選挙戦に突入するがある問題が起こる。

1980年代後半の実話。マスコミの取材が政治家のプライベートにまで及び世間への強い影響力を持ち始める。その事実にゲイリー・ハートは気付かず。気付いていたけど目を背けていたのかもしれない。その点では大統領としての資質は無いようにも思える。
清廉潔白で何事も完璧にこなす人物をアメリカ国民は大統領に望んでいるのかもしれないけど、そんな人は滅多にいないわけで。といって問題だらけの人がなってしまうと大変な事になる。

ヒュー・ジャックマンはアメリカ大統領にはなれず。
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_actors_who_played_the_President_of_the_United_States
ロニー・コックスが4度演じているのがちょっと意外。ロボコップやトータル・リコールでの悪役の印象が強い。悪い大統領役なのか。
アカデミー賞受賞は今の所リンカーン大統領を演じたダニエル・デイ=ルイスのみ。
今年のアカデミー賞ではブッシュ大統領を演じたサム・ロックウェルが助演男優賞でノミネートされている。
大統領映画で好きなのはジェイソン・ライトマン監督のお父さんアイヴァン・ライトマン監督作のデーヴ。ケヴィン・クラインとベン・キングスレーが大統領になった。
デーヴ.JPG

J・K・シモンズ。ジェイソン・ライトマン監督のデビュー作から6作連続で出演(ヤング≒アダルトは声のみ)。前作のタリーと私の秘密の時間でその記録は途絶えたが本作で復活。タリーと私の秘密の時間にもJ・K・シモンズを匂わせる何かが画面に映ってたりしないんだろうか。



ナチス 第三の男を観た。
1942年プラハで起きたナチス最高幹部暗殺の全貌を描く。

こちらも実話。ドイツやチェコの言葉は使われず全編英語。
以前に同じ暗殺事件を描いた作品ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦を観たが、本作は前半でナチの高官であるラインハルト・ハイドリヒの人となりが描かれるのが大きな違い。後半で暗殺作戦の実行とそれによって起きた事を描く。
ハイドリヒと暗殺実行部隊が同じフレームの中に収まるのは暗殺現場でのわずかな時間だけなので、前半には暗殺部隊はほとんど出てこないし、後半にはハイドリヒがほとんど出てこない。そうなると後半に出てこないハイドリヒの印象が薄くなってしまうのはしょうがない。

当時の戦況からすれば高官一人を殺したくらいではほとんど影響は無いだろうし、それによって無差別に行われるであろう報復を考えれば実行をためらうのは当然だと思うけど、なんにもしないでずるずるとナチスの言いなりになるのを良しとせず、我々は徹底抗戦するのだ!という所が熱かった。その決意がヨーロッパ中に伝わったのか。
ナチスの報復は凄まじくその後に過酷な運命が待っているわけだけど。

日本だと忠臣蔵に近いような気がした。
コメント(0) 

きょうのポストカード(ラ・ラ・ランド) [映画のポストカード]

ファースト・マンを観た。
人類史上初の月面着陸を成功させたNASAのアポロ計画。その苦難の道のり。

結果だけ見れば「人類史上初の月面着陸」の短い言葉になってしまう。そこだけを見て伝説や美談や神なんとかにだけするのではなくて、そこに至るまでの失敗を含めた経過を知る事も大事なのだろうと思った。
誰もが成し遂げられない事をしようとするなら時に無茶する事は必要なのかもしれない。アポロ11号も相当無茶だったんじゃないかと思う。でも散々莫大な予算を使って犠牲者も出して今更後には引けずやらなければならない状況に追い込まれていた。そういう事情が有ったにしても失敗を覚悟して無茶する事で拓ける道も有るのだろうと思う。

史上初の月面着陸は1969年に成し遂げられ今年で50周年。アポロ計画は1972年の17号が最後でそれ以降人類は月に行っていない。今度ドラえもんたちが行くけど、実際次に行くのは中国?

アポロも20年前の曲になってしまった。




女王陛下のお気に入りを観た。
女王陛下のお気に入りの座を賭けて二人の女性が策略と駆け引きを巡らせる。

気に入る側と気に入られる側、そこには覆す事の出来ないはっきりとした上下関係が存在していて同等の立場に立つ事は決して無い。女王陛下にしてみれば愛するうさぎたちよりも下の存在であるとお気に入りとなった当人も最後に気付いてしまったのだろう。
しかも、かなり危ない橋を渡ってその座を勝ち取っても未来が保証されているわけでもなく。新たなライバルが現れるかもしれないし、陛下の気分を損ねるわけには絶対行かないしそれよりも陛下の体調面が気になるしで気が気じゃないだろうなと思う。
誰かに気に入られるのもいい時はいいけど、気に入られようとする事ばかりに気を取られて生きるのもどうなのかなという所。

カメラが下からのアングルが多いのは上目遣い目線という事なのか。かといってこの映画自体が観客に媚びを売っているという事は全くなく。エマ・ストーンのサービスショットはあるけれど。



気付いたらラ・ラ・ランドの二人(ラブ・アゲイン、L.A.ギャング・ストーリーでも共演)の出演作の2本だった。
ラ・ラ・ランド.JPG
コメント(0) 

ブラックマンタを探して


ダイヤモンドセレクトトイ DCムービー ヴィニメイト アクアマン ムービー ブラック マンタ ビニメイト ビニールフィギュア

レゴ ミニフィグ【スーパーヒーローズ 160】 Black Manta_A

Dc Comics Artfx Black Manta

LEGO DC Comics Super Heroes Minifigure - Black Manta with Pike Spear (76027) [並行輸入品]

ブラックマンタ 単品 ミステリー★ミニ DCコミックス シリーズ1

ビニメイツ インジャスティス ブラックマンタ

LEGO DCコミックス スーパーヒーロー:アクアマン - ブラックマンタミニフィギュア (76095)

【開封済未使用】レゴ スーパー・ヒーローズ ミニフィグ ブラックマンタ(76027) [並行輸入品]













ブラックマンタを探して思い当たる所を数軒覗いたが無くて、代わりにガモーラとドラックスを買った。これはこれでいい買い物だった。
DSC_0853.JPG
DSC_0855.JPG
DSC_0858.JPG
コメント(0) 

きょうのポストカード(少林サッカー) [映画のポストカード]

麻雀ヒーローズを観た。
麻雀王が引退を表明。経営する雀荘のオーナーの座を賭けた対局が数か月後に行われる。

NETFLIXで。1981年の香港映画。
「領衛主演」とか「導演」とか俳優さんの名前とかの漢字が麻雀牌に一文字ずつ刻まれててそれを並べるっていうオープニングのスタッフロール。麻雀関係ではありがちかもしれないけど、実際やるとなったら牌に文字を刻むのも手間がかかるだろうし意外と言っては失礼だけどそういう所がちゃんとしていた。
その分物語は大雑把というか無邪気というか。あんまり細かい事は気にしていないような。そこがいい所でもある。胸に傷があるのにスカーフェイスと呼ばれる男とか。

麻雀はテレビ対局を見る専門。なので一応ルールとか用語は分かる。北海の荒法師・荒正義とか地獄の門番・前原雄大なども分かる。
香港(中国)の麻雀牌は大きい。全自動卓はメイド・イン・ジャパンなのだろうか牌が小さかった。
咲のような必殺技的なのは無いが、とにかく大物手はバンバン入る。
立直が無いのが中国の麻雀で、立直が有るのが日本の麻雀という事で他にも色々とルールの違いは有るらしい。

出演者は何かで見たような気がする人もいるけど全員よく分からない。サミュエル・ホイなのではと思った人がニコラス・ツェーのお父さんのパトリック・ツェーだったり。大スターらしいのだけど、少林サッカーのライバルチームの監督さんを演じていた人と後で知ってあの人かと分かる。
少林サッカー.JPG


サミュエル・ホイ。笑顔がケヴィン・コスナーに似てる。なんとなく声も似てるような気がする。

コメント(0) 

きょうのポストカード(エネミー・オブ・アメリカ その2) [映画のポストカード]

実写版アラジンでウィル・スミスが青いと話題に。
エネミー・オブ・アメリカ (2).JPG
コメント(0) 

パイレーツDIY戦士 [映画]



アメコミではどういう設定かは知らないけど、現在公開中のアクアマンの中でブラックマンタは父の仇は父が残した形見のナイフで討ちたいのだろうと思う。なので両手がふさがってしまう銃では都合が悪い。しかしあの銃の威力がないと戦えない。と考えた上でのあのカスタマイズなのだろう。

恐らくあの姿を最初にお披露目したのは一緒に戦う部隊の人たちなのだろうと思う。
恐らくあの人たちは王直属部隊の超エリートの精鋭たち。王への忠誠心も厚くてプライドも高い。そんな人たちの前に王から授かった武器を勝手にカスタマイズしてペイントし直したもので現れるブラックマンタ。その時のエリートたちのリアクションはどのようなものだったのだろう。

多分この先も父の仇は討てないのだろうと思う。いい所まではいくかもしれないけど結局失敗。どこまでもアクアマンを追いかけて何かというと邪魔をして返り討ちに遭うが死なない。そんな感じになるのではないだろうかブラックマンタ。
コメント(0) 

きょうのポストカード(スリーピー・ホロウ) [映画のポストカード]

明日のBSプのお昼の映画はスリーピー・ホロウ。ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビ作品の中では一番好きかも。
スリーピー・ホロウ (2).JPG

クリストファー・ウォーケンも出てる。
スリーピー・ホロウ.JPG
コメント(0) 

アクアマン [ア行の映画]

アクアマンを観た。
長年に渡り海を汚染し続ける人間。その横暴に海の王は人間との全面戦争を決意する。

もし仮に海底人がいたとしたらその怒りはごもっともだと思う。そこら辺の事を今後アクアマンはどうするのか。

ニコール・キッドマンの旦那(アクアマンの父)の名前がトムなのがなんか意味深に思えてしまう。
アメコミ映画に出ると人によっては変な衣装着せられてしまうが本作ではあのニコール・キッドマンが着せられていた。

アビスっぽさが所々で感じられるのが個人的に良かった。アビスとリンクしていても別におかしくはない。

水中撮影は殆ど無かったような。水中での髪の毛の揺らぎとかもCGなんだろう。ひらひらのドレスとか着せられない。

甲殻軍がカッコよかった。でかいカニとか。さらにでかい何かとか。
ブラックマンタはあのデザインでいいのかと思う。
デフォルメされたこれはこれでいいか。
Pop Aquaman Black Manta Vinyl Figure

Pop Aquaman Black Manta Vinyl Figure

  • 出版社/メーカー: Funko
  • メディア: 付属品


このキーホルダーは欲しいかも。
Funko - Porte Clé Aquaman Movie - Black Manta Pocket Pop 4cm - 0889698332354

Funko - Porte Clé Aquaman Movie - Black Manta Pocket Pop 4cm - 0889698332354

  • 出版社/メーカー: Funko
  • メディア: 付属品


カッコいい。


なんかだんだんブラックマンタのこと好きになってきた。
映画公開記念 AQUAMAN アクアマン - Character Colour Blocks/マグカップ 【公式/オフィシャル】

映画公開記念 AQUAMAN アクアマン - Character Colour Blocks/マグカップ 【公式/オフィシャル】

  • 出版社/メーカー: AQUAMAN / JAMSHOPPING
  • メディア: ホーム&キッチン


アッガイ的な人気が出るかもしれない。
SDガンダムワールド アッガイがかわいいだけ全7種

SDガンダムワールド アッガイがかわいいだけ全7種

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: おもちゃ&ホビー


コメント(0) 

きょうのポストカード(フォレスト・ガンプ/一期一会) [映画のポストカード]

ハンス・ジマー・ライブ・イン・プラハを観た。
映画音楽作曲家ハンス・ジマーがプラハで行なったライブ。

NETFLIXで。寝っ転がってだらだらと観た。
個人的にはハンス・ジマーの代表曲はバックドラフトだと思っていたが、日本ではテレビ番組の料理の鉄人で使用されたからそう思うのかもしれなくて、ハンス・ジマー自身はそう思っていないのかもしれない。なのでこのライブではバックドラフトは演奏しなかった。日本でのライブだったらやるかもしれない。

ランディ・エデルマンが作曲したドラゴン ブルース・リー物語の音楽の一部がフォレスト・ガンプ一期一会(音楽はアラン・シルヴェストリ)の予告などに使われて印象に残るなんていう事もあります。なのでフォレスト・ガンプの本編を観てもその音楽は流れない。
フォレスト・ガンプ/一期一会.JPG

まあバックドラフトも映画自体そんなにめちゃくちゃ大ヒットしたわけでもないし。
そうなるとアカデミー賞受賞のライオン・キング、大ヒットシリーズのパイレーツ・オブ・カリビアンなどが代表曲になるのだろう。
さすがにライオン・キング(の出だし)とパイレーツ・オブ・カリビアンは何の説明もなくても分かるが、普段そんなに映画音楽に注意を払って観ていないので、説明されないと何の映画音楽なのかわからないし、説明されてもあまりピンとこないという。

ディズニーアニメの音楽はライオン・キングだけでそれ以降アニメ作品はドリームワークス専門になるのは何か事情が有るのだろう。
コメント(0) 

きょうのポストカード(バックドラフト) [映画のポストカード]

アリオンを観た。
冥府の王ハデスに騙され地上の王ゼウスの刺客として育てられた海の王ポセイドンの息子アリオン。ゼウス暗殺のためオリンポスへと向かう途中アリオンは口のきけない少女レスフィーナと出会う。

ブルーレイで。
ギリシャ神話を安彦良和監督流に改変したヒロイックファンタジー。
革命の物語でもあるのだろうと思う。支配者であるティターン族(神)に対して反乱を起こす人間。神と言っても神聖な存在ではなく権力争いに明け暮れているので人間に倒されても仕方ないかなという所。

安彦良和監督の長編アニメーション映画2作目。1作目はクラッシャージョウ(1983年)。その次にテレビシリーズの巨神ゴーグ(1984年)が有って本作(1986年)。監督作品はヴィナス戦記(1989年)が今のところ最後。ヴィナス戦記は未見。
クラッシャージョウはほぼ全編にわたって動く安彦さんの絵が見られてそれだけでも楽しいが、本作では所々で当時の日本サンライズ(Zガンダム)っぽい感じがある。
合戦シーンとか作画大変だっただろうなあと思う。

特典映像で制作当時の貴重映像が見られる。当時30代後半の安彦さんが誰かに似てるなあと思ったら体操の内村航平さん。
安彦さん.JPG



ファイヤーラインを観た。
香港で呪われた分署と呼ばれながらも消火、救助活動に命をかける消防隊員たちの物語。

NETFLIXで。
ジョニー・トー監督、ラウ・チンワン主演、ヤウ・ナイホイ脚本。ミルキーウェイは設立前だろうか。
ラム・シューも一瞬だけ出てたけどこれが映画デビュー作みたい。

バックドラフトが1991年でその6年後の1997年製作。ちゃんとバックドラフト現象も起こる。
火災シーンは実際燃やしているらしい。バックドラフトもそうだったけど。こちらもかなりの迫力で無茶な感じはこちらの方が上かも。

バックドラフト.JPG
コメント(0) 

きょうのポストカード(ロスト・イン・トランスレーション) [映画のポストカード]

ビル・マーレイ・クリスマスを観た。
ビル・マーレイがホストのクリスマスTVショー。当日ニューヨークは悪天候のため豪華ゲストは誰も来られず、更には放送開始直後に停電が起こる。

NETFLIXで。
2015年のクリスマス番組を今更観た。監督、脚本はソフィア・コッポラ。ロスト・イン・トランスレーションから約10年後。
ロスト・イン・トランスレーション.JPG

ビル・マーレイとゲストがクリスマスソングを歌う。ビル・マーレイが最初は嫌々で駄々こねたりするけど、中止になったTVショーの舞台裏で色々あって歌う姿をTVショーとして見せるというひねくれてる感じがビル・マーレイらしい。
ただのバカ騒ぎにはならずに、かといって取り澄した感じでもなくクリスマス気分を盛り上げてくれる。
そして最後はビル・マーレイがみんなの幸せなクリスマスを願う。
56分。この内容で100分くらいでも全然良かった。



最後の追跡を観た。
テキサスの3つの田舎町で銀行強盗が同日に発生。定年を間近に控えたベテランのテキサス・レンジャーは次の犯行が起こることを予測した。

NETFLIXで。ネタバレ有。
2016年のアカデミー賞で作品、ジェフ・ブリッジスの助演男優、脚本、編集の4部門でノミネートされた作品。残念ながら受賞はゼロ。日本では劇場未公開。

自分たちの事は自分たちで何とかする、無理にでも何とかしてしまうのがテキサス人気質なんではないかと勝手に想像する。
老レンジャーと強盗犯。立場と世代は全く違うけど、テキサス人として根本は多分同じなんだろうと思う。なので立場、世代を超えてお互いの事を理解できるが、だからと言って馴れ合いにはならず。そしてお互いに絶対に譲れない所も有り決着を付けるしかない。だがそれは今ではない。と。
現代の西部劇と言える映画だけど西部劇お約束の最後の決闘はあえて外したのではないだろうか。いずれ二人が決着を付けるのは言わずもがななのだから見せる必要はない。そんな所もまたテキサス人気質なのかも。これはこれで良かったし良い映画だった。
コメント(0) 

きょうのポストカード(未来少年コナン) [映画のポストカード]

スティーヴ&マーティンの一生忘れちゃう夜を観た。
1986年のサボテン・ブラザーズでの初共演以来の仲良しスティーブ・マーティンとマーティン・ショート。二人のスタンダップコメディショー。

NETFLIXで。
軽妙なトークと歌とダンス。よく分からないネタや言い回しが有るので存分に楽しめたとは言えないが、二人がとても仲良しなのが改めて分かったので観て良かった。

スティーヴ・マーティンのバンジョー演奏は演奏者としても活動しているらしいのでとても上手い。ただ演奏している時とてもつまらなそうな顔をしている。真剣な顔がつまらなさそうに見えてしまうのか。



未来少年コナン[劇場版]を観た。
超磁力兵器によって壊滅した世界。20年が経ち復興しつつある世界をインダストリア行政局局長レプカは太陽エネルギーを手にし我がものにしようと画策する。

NETFLIXで。
パタパタで始まる。そして伊武さんのオープニングのナレーション。
レプカとの対決を最終目的として、サルベージ船、ハイハーバー、ギガント、大団円などを割愛。
そうでもしなきゃ全26話を2時間3分にまとめ上げるのは至難の業だろうと思う。今なら3部作とか可能だろうけど。
ラオ博士に関しては大幅に変更。
テレビシリーズが元々面白いので面白かった。ただ、BGMが良くなかった。シーンの雰囲気とか関係なくとりあえず音楽流してる感じで。ダイス船長のテーマ音楽のような三味線はちょっと良かった。

ギガント飛ばないのでここがクライマックス。
未来少年コナン (2).JPG
コメント(0) 

ROMA/ローマと人狼とSUPER SHIRO [映画]

ROMA/ローマを観た。
1970年、メキシコシティ。家政婦として働く女性クレオの1年間。

政治運動が盛んな激動の時代。クレオの身の回りでは政治以外でも様々な出来事が起こる。それらをフラットに描いた作品。恐らくアルフォンソ・キュアロン監督のお母さん世代(お母さん自身?)の物語だろうと思うが、それらを思い入れたっぷりに描かれると観てる側は引いてしまうし(某東京タワーみたいに)。観た人それぞれの物語にもなる様にキュアロン監督は抑制して作ったんじゃないだろうか。色さえも抑制したモノクロで。

海のシーンでカメラも砂浜から移動して海へと入っていくけど、結構波が荒れているのに画面は全く揺れないのはどういう撮影方法なんだろう? カメラに波しぶきもかからない。



人狼を観た。
2029年、諸外国との情勢により南北統一を目指す韓国。統一に反対する武装組織セクト。セクトのテロ対策のため設立された特機隊。セクトと特機隊の戦闘が激しさを増す中で暗躍する公安部。

2000年に制作されたアニメーション映画人狼JIN-ROH(沖浦啓之監督)の韓国実写リメイク。
力作だったが地味めな話だし明快でもないので一般受けはしづらいのかもしれない。
地下水路(下水道?)は多分セットなんじゃないかと思うが、しっかりと作り込まれていてそこも含めて力作。

本作で共演しているカン・ドンウォンとハン・ヒョジュは韓国リメイクのゴールデンスランバーでも共演。
韓国版ゴールデンスランバーと同様に本作も結末を変えているがこれはこれで有りだと思った。
沖浦監督が製作当時煮詰まって今 敏さんに色々と相談に乗ってもらって、その時に今さんが結末についてある質問、提案をしたけどそれは結局その形にはならなかった。というインタビューを読んでいた事も有って。本作も今さんが提案した形とは少し違うのだけど。



2作品ともNETFLIXで。観た作品ごとに料金支払うシステムの方がいいんだけど無いので仕方ない。

ところで、SUPER SHIROはどこでやるんだろう? テレビ朝日のしんちゃんの枠の中でやるのか、世界を目指すのでamazonやNETFLIXなどの配信でやるのか。希望としては後でソフト化される方でやってほしい。
https://www.shinchan-app.jp/super-shiro/

アクション仮面、カンタムロボ、SHIN-MENでのクレしんアッセンブルが有ったりするのだろうか。
コメント(0) 

バーニング劇場版とメリー・ポピンズリターンズ [映画]

バーニング劇場版を観た。
ひとりの女とふたりの男の微妙な三角関係の行方。

怒りを溜めこんじゃうタイプの人はそれが爆発した時が大変と。小出しに他人に迷惑の掛からない形で爆発させられれば言う事無し。

ラストシーンのポルシェは本当に燃やしたんだろうか? 上手い事すり替えたようにも思える。



メリー・ポピンズ リターンズを観た。
25年振りにメリー・ポピンズがバンクス家にやって来る。

本作でもディズニーアニメとの共演が有ったのが良かった。

不幸せな時だけ一緒にいて幸せを取り戻すと離れなければいけないメリー・ポピンズの幸せとは何なのだろうか。と思わないでもない。
今回の出来事も多分みんな何かの錯覚だったと思い込んでしまうのだろうし。
ミュージカル映画で賑やかではあるけど寂しい話でもあるなあと思う。
コメント(0) 

ナウシカ [映画]

シネマロサのスタッフさん日誌(何か月も間が空くけど)でナウシカの上映を知って早速チケット取った。
http://www.cinemarosa.net/staffdiary.htm
https://chofucinemafestival.com/contents/5252
何年か前にバルト9でチケット入手困難な上映が有ったけど、これを機に多くの人が観られるジブリ作品のリバイバル上映が解禁となったらいいなと思う。日本テレビ次第?



いい歌だけど宮崎駿監督がこの歌を認めなかった(と認識している)歌唱力ではなく(有ったかもしれないが)歌詞に有るんじゃないかと思った。
優し過ぎるような気がする。自分たちが壊した自然環境に強烈なしっぺ返しで拒絶されて、そんな中でも血生臭いドロドロな行いを続ける人間は滅びる運命でしかないのか。否!っていう話だし。
コメント(0) 
前の15件 | -