So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

きょうのポストカード(マトリックス リローデッド その2) [映画のポストカード]

記憶にございません!を観た。
内閣支持率2.3%の総理大臣黒田啓介が記憶を失うが主席秘書官井坂はその事を世間には伏せさせて職務を続けさせる。

ここ何年か三谷作品から気持ちが離れていた。映画に関してはちょっとずつ離れていって前作のギャラクシー街道が決定的になってしまった感じがある。

本作は政治コメディで面白かった。ハリウッド、外国の映画だと国家元首を主人公としたコメディは見かけるけど日本ではそんなに無いような気がする。政治コメディ自体も多くないし。
政治に詳しくないと面白おかしいものは作れないだろうし、三谷監督は日本史にも詳しいからそういった過去の事も事も教訓として絡められていただろうと思う。
コメディだからある程度のリアリティは無視してという所も有ると思うがかといって政治のダーティーな所は全く無視という事でもなく。そればっかりになってしまうとブラックコメディになってしまうし、リアリティとダーティーを程よく取り入れてハートウォーミングで決着を付ける。そこら辺が相変わらず上手いなと思う。

木村佳乃さんがアメリカ合衆国大統領役。恐らく日本人女性で初めてだろう。



マトリックスを観た。
自分が今いる社会に現実感を持てない天才ハッカー、ネオことトーマス・アンダーソンは社会に隠された真実を探るため都市伝説で語られるモーフィアスを探していた。モーフィアスも人類の世界を救う救世主を探し続けネオに辿り着き仲間のトリニティをネオに接触させる。

1999年の作品。製作・公開20周年を記念してのリバイバル上映。4DXで上映されている所も有るがMOVIXさいたまではドルビーシネマでの上映だったのでそっちで観た。4DXとどっちが鑑賞料金が高いのか分からないが互いになかなかの金額。
初ドルビーシネマ。ドルビーと言うから音響が凄いのかなあと思っていたが、本編前の"ドルビーシネマのここが凄い”をアピールするデモ映像でドルビーシネマは黒が違うという事を実際に見せられて確かにその通り驚くほど違った。それが有ったから本編の映像もかなり良く感じられたがこれがドルビーシネマだからなのか4Kとかになってて良くなってるのかは分からない。
音響も多分良かったんだろうけど一番音が大きかったのがエンドロールでの歌だった。
20年前だとまだフィルムでの撮影だったみたいでエンドクレジットでかなり久し振りのネガティブカッター・モー・ヘンリーを見た。

本作が大ヒットして現在でも伝説的な作品になった要因は色々有ると思うが、今回改めて観てその一つにトリニティ、そして演じたキャリー=アン・モスのカッコよさと美しさに加えて今で言うツンデレキャラに有るだろうと感じた。
1999年当時キャリー=アン・モスは世間的にはほぼ知られていない所からいきなり出てきて、それがマトリックスで尚且つトリニティというとんでもない登場の仕方だったなあと思う。
2作目の時のトリニティ
マトリックス リローデッド (2).JPG
コメント(0) 

きょうのポストカード(ハードロック・ハイジャック) [映画のポストカード]

11月15日より東京ではシネマート新宿にてのむコレ3開催。
http://www.cinemart.co.jp/dc/o/nomucolle3/
個人的な注目作はジョン・トラボルタ、モーガン・フリーマン共演のポイズンローズ。二人の初競演に注目というよりも監督がミッドナイト・ランの脚本家ジョージ・ギャロなので注目。絶対観るとは限らないが。
二人以外の出演者も豪華と言うか知ってる名前が多い。その中でも予告でちらっとだけ見える現在のブレンダン・フレイザーがしばらく見ない間にすっかり中間管理職になっていた。


25年前のハードロック・ハイジャックでのブレンダン・フレイザーとスティーヴ・ブシェミとアダム・サンドラー。
ハードロック・ハイジャック.JPG
コメント(0) 

きょうのポストカード(サルマン その2) [映画のポストカード]

SHADOW/影武者を観た。
王の意向に逆らい同盟国と戦い領土を取り戻そうとする部下には誰にも知られてはいけない秘密があった。

映像は美しく物語は残酷。その残酷さが容赦無くて良かった。
それでいて戦の場面はサービス精神旺盛なエンターテイメントで面白い。

傘を持って戦うというのは現代の香港の事を連想してしまうがそういう意図は無いのか。

主役の人が一人で二役を演じている。その二人が同じ画面に映っているシーンもかなり有るが全く違和感無くて凄い。



トールキン 旅のはじまりを観た。
ホビットの冒険、指輪物語の作者J・R・R・トールキン。二つの物語が生まれた背景にはトールキンの幼少時代からの体験が反映されていた。

本作はトールキンの若かりし頃を描いているがその大部分がホビットの冒険、指輪物語につながっているという風にしようとしているのにはなんか少しだけ違和感が有った。映画としてはそうした方がドラマチックだろうけど、あまりドラマチック過ぎると伝記としてはそれを信用していいものなのか疑ってしまう。

指輪物語を知るきっかけになったのはピーター・ジャクソン監督のロード・オブ・ザ・リング三部作。それ以前に子供の時ににアニメの指輪物語も観ている。その頃見慣れていた日本のアニメとは違うビジュアルを怖く感じたのを憶えている。
ロード・オブ・ザ・リング三部作を観た後で自分にしては珍しく小説の方も読んだ。
サルマンを演じたクリストファー・リーは原作の熱狂的ファンで必ず1年に1回は原作を読み直していたという話は何かで読んだか聞いたかした。
ロード・オブ・ザ・リング (サルマン 2).JPG



トリプル・スレットを観た。
東南アジアの都市マハ・ジャヤの犯罪撲滅の為に私財を投じる富豪の娘シャオシャン。犯罪組織は阻止するためシャオシャンの命を狙う。ムエタイのパユ、シラットのジャカ、カンフーのロン・フェイ。それぞれの武術の達人である三人の男がそれぞれの目的の為にシャオシャンを守り犯罪組織と命賭けで戦う。

アクション三人組と言えばサモ・ハン、ジャッキー、ユン・ピョウという事にどうしてもなってしまうが本作の三人組も負けてはいないんじゃないかと思う。
ムエタイ、シラット、カンフーと三者三様にした点はとても良かったが戦い方の違いをもうちょっと明確に見せられたらもっと良かった。

ジージャーVSイコ・ウワイスはなかなかの対戦だったが衝撃も凄かった。ジージャーにとってはデビュー作チョコレート・ファイター以来の衝撃と言っていいだろうと思う。作品に爪痕もしっかりと残せたし。
トニー・レオン主演レイダース 欧州攻略にも出演しているらしいがこちらではどうだろう。パッケージに姿が無いという事は。と良くない想像をしてしまう。

レイダース 欧州攻略 [Blu-ray]

コメント(0) 

きょうのポストカード(マトリックス リローデッド) [映画のポストカード]

アスを観た。
1986年、サンタクルーズビーチで10数分間迷子になった女の子。それから約30年後、再び訪れたビーチで不可解な現象に襲われる。

1986年にアメリカで実際に行われた慈善イベント、北アメリカ大陸の東海岸と西海岸を人々が手をつないで結ぶというハンズ・アクロス・アメリカが重要な意味を持っていてそういった社会的メッセージの方が現在のブラックムービーでは大事なのだろうと思える作品だった。ジョーダン・ピール監督はこの路線で行くのだろう。
それまで影の世界に追いやられていた者たちは主に黒人の事を指しているのだろうと思う。その者たちが表の世界に出てきて手と手をつなぎ合わせて重大な事を成し遂げると。

音楽が不気味でカッコ良かった。
ホラーとしてはそんなに怖くはなかったが、ルピタ・ニョンゴのルックスがホラー映画との相性がいい事はよく分かった。被害者の絶叫も加害者の不穏さもどちらでもいける。



ブルー・ダイヤモンドを観た。
ブルーダイヤの取引をロシアンマフィアとの間で成立させた男だったが現物を持っているはずの仲間と音信不通になってしまう。

ブルーダイヤと聞くと金銀パールをプレゼントしてもらいたくなる。

ネタバレ有。

マフィアとの間での緊迫のサスペンスなのかなと思っていたが、主人公が田舎町で結構のん気に恋に落ちたり、でも主人公には妻がいてちょっと悩んだり。勿論ロシアンマフィアやロシアの当局も絡んできてこれをどうするんだろうと思っていたら意外な結末。それは驚きとかそういう意外ではなく強引に終わらせたといった感じの意外。しかしエンドロールで日本の時代劇っぽい音楽が流れて、強引に思えた結末は時代劇によく有りそうな自己犠牲的な意味だったのかもと考え直した。
主人公は惚れた女性に酷い事もして、尚且つ取引に失敗したら主人公だけではなく女性も命を狙われる。主人公は本当に惚れていて、それに酷い事もした罪滅ぼしで自分だけで決着を付けるために初めからああいう事になるのを覚悟の上であの場所に行ったんではないか。

キアヌ・リーヴスももうすっかり渋い中年(初老?)男性だけどビルとテッドの3作目ではどんな感じになるのだろう。渋い中年おバカ?それよりも日本では劇場公開されるのだろうか。2022年に公開予定のマトリックス4作目のついでという感じの公開も有り得そう。
2作目
マトリックス リローデッド (1).JPG



ブラインドスポッティングを観た。
カリフォルニア州オークランド。11歳の頃からの親友の男二人。黒人のコリンは重罪を犯し服役を終え1年間の指導監督期間を残り3日で終えようとしていたが問題児の白人マイルズとは仕事も一緒で常につるんでいた。

ブラインドスポッティングBLINDSPOTTINGとは盲点の意。自分の立場からは見えていなかったり、見えてはいるけど意識していなかったり、見えないふりをしていたり、その事について理解や考えが及ばなかったり。例え親友であってもそういう事は人間と人間の関係において必ずある事だろうと思う。社会的弱者の立場にいる人の方がその事を強く訴えるけど、強者の立場にいる人にも周りからは見えない盲点は有るという事も描かれていただろうと思う。
盲点が有るのは仕方ないとして、盲点が有るという事に気を遣うのが大事なんではないか。
本作はそういった社会的メッセージ真面目一辺倒ではなく時に真面目、時に面白おかしくといった感じ。

マイルズを演じたラファエル・カザルはなんかで見た事有る顔だなあと思っていたけど、本作が映画デビュー作の様なので初めて見る顔だった。エミネムに似てるしジュード・ロウっぽい感じでもある。
コメント(0) 

ヘクター

チョコエッグピクサー5
DSC_1139.JPG

ホネホネ
https://youtu.be/hbzVDorc42s
メキシカン
https://youtu.be/CgLVyb3cQxg
お化け
https://youtu.be/IMnYvLTBlbM
コメント(0) 

きょうのポストカード(スペース カウボーイ その2) [映画のポストカード]

9月20日(金)日米同時公開予定ブラッド・ピット主演SF大作アド・アストラ。
トミー・リー・ジョーンズとドナルド・サザーランドが出演という事でも注目。

この4人の中では最年少のトミー・リー・ジョーンズ
スペース カウボーイ (3).JPG

アド・アストラにはアルマゲドンのリヴ・タイラーも多分ブラッド・ピットの奥さん役で出演。
勝手にSF超大作な期待をしてしまうが監督・脚本がジェームズ・グレイなので内省的で哲学的な地味な作品になっている可能性は十分にある。予告を見ると派手なシーンも有るみたいだけど恐らくマイケル・ベイ監作品の様なド派手な作品になっていないだろう。
ジェームズ・グレイ監督の作品はデビュー作から観ているので(日本での劇場未公開作品と限定的に公開された作品は未見)あれから20うん年経ってブラッド・ピット主演の注目を集める作品をしかもSFで撮ったのかとなるとなんかちょっと感慨深い。
コメント(0) 

きょうのポストカード(エグゼクティブ・デシジョン その2) [映画のポストカード]

今日の午後ローはエグゼクティブ・デシジョン
エグゼクティブ・デシジョン (2).JPG
セガールが消える?!
コメント(0) 

きょうのポストカード(エグゼクティブ・デシジョン) [映画のポストカード]

明日の午後ローはエグゼクティブ・デシジョン
エグゼクティブ・デシジョン.JPG
キャンディの棒が世界を救う

訂正
キャンディの棒ではなくストロー。
コメント(0) 

肉と肉の間で

実話に基づく


船内は快適な温度・湿度に調整されていた。今の季節なら地球上のどこかではまだまだ暑さも厳しいだろう。しかし今、船内はとても快適だ。

そんな時俺の脇腹を一筋の液体がすうっと流れた。

馬鹿な。そんな事は有り得ない。

船内なので簡易的なものではあるがれっきとした宇宙服を着用している。勿論密閉性は保証されている。外部からの侵入は考えられない。
万が一の確認をしてみたが船内に水漏れの箇所は見付けられなかった。

では俺の脇腹を流れた一筋の液体は一体どこから現れたのだ?

俺は考えた。

まさか!

いや、そんなはずはない。そんな事は認められない。



俺はあらゆる可能性を考え一つの結論に達した。そのまさかだったのだ。

俺が操縦席のシートに腰掛ける事によって腹部に積み重なる俺の肉。宇宙服に隠されて見る事は出来ないがその肉と肉の間で熱を発しやがてじわじわと汗ばみそれは水滴となる。その水滴が俺の肉と肉の間を伝い脇腹へと辿り着きそして一筋の汗となって流れ落ちる。
そう。全ては俺の肉と肉が生み出した現象だったのだ。

この事は指令基地には報告せず俺の胸の内に秘める事にして旅を続けよう。何故ならこれは俺と俺の肉の問題なのだから。
コメント(0) 

きょうのポストカード(クイック&デッド) [映画のポストカード]

東京裁判 4Kデジタルリマスター版を観た。
日本のポツダム宣言受諾により1945年8月15日大東亜戦争は終結し、軍司令官、政治家らからA級戦犯28人が選定され1946年5月3日より市ヶ谷の旧陸軍士官学校の講堂において極東国際軍事裁判、通称東京裁判が開廷される。

1983年に制作された4時間37分の大長編ドキュメンタリー映画。途中休憩有り。4Kでの上映だったのかは全く分からず。
戦争責任を問う裁判。しかし裁判自体に問題も有ったようで。ドイツは東西に分裂し、後に朝鮮半島は南北に分かれ、ベトナムはアメリカとソ連の代理戦争の場所となり。という流れになる東西冷戦下でアメリカが日本統治の主導権を握りたいという思惑が色濃く反映される。
軍国主義の敵国であった日本を自由民主主義国家へと導く事で世界に自分たちの正当性をアピールする。そのために裁判の公正公平さを欠く所が有ったと。そんな中でもアメリカ人弁護士が公正公平な裁判を行うために闘ったり。

戦争という行為自体は正当な手順を踏んだ上であれば合法として認められ戦闘時における殺人などは罪には問われないが謀略を用いて戦争を仕掛けたり非戦闘員への大量虐殺などは重罪として裁かれる。
日本も大義が有って戦争を始めた(始めるしかなかった)のかもしれないけどいつの間にか大義のための戦争から大義が抜け落ちておかしな事になって。それは戦争という狂気がそうさせたのかもしれないし、その狂気を防ぐ手立ては無いのかもしれない。だからもう戦争はしません。という憲法を作って。
しかし第2次大戦以降世界から戦争が無くなったのかといえばそんな事は無く。むしろ積極的に戦争しているとこも有ったり。
歴史をしっかり検証してそこから学ぼう。という意義でこの映画は作られたはずなので学びましょう。

小林正樹監督はこの裁判の資料、膨大な映像や文書に目を通して理解して、大東亜戦争、第2次大戦の全体像もしっかりと把握して、それこそ公正公平にかつ自分の意見もはっきりと主張してこのドキュメンタリー映画を作り上げたのがすごいなあと思う。裁判の資料なんて恐らく難しくて読めない。

有楽町スバル座にて。
10月20日(日)閉館。最後の16日間は「スバル座の輝き~メモリアル上映~」と題して特別興行。9月7日(土)~12日(木)はプレファイナルイベント開催。東京フィルメックス特別上映阪本順治監督特集も有り。王手とか久し振りに観てみたい。KTは上映されないのは特に意味は無いのだろう。
有楽町スバル座と言えば何故かいつもロビーに胡蝶蘭が有る。という印象が強いけど今回行ってみたら無かった。
これが最後になるかもしれないので早いけど、さようなら有楽町スバル座。



ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを観た。
1969年、ハリウッド。落ち目である事を自覚している俳優リック・ダルトンとリックを親身に世話する専属スタントマンのクリフ・ブース。
リック・ダルトン邸の隣に新婚の映画監督ロマン・ポランスキーと女優シャロン・テートが新居を構えるがリックたちと顔を合わせる事はほぼ無かった。
1969年8月9日深夜、ある事件が起きる。

タランティーノ作品が今イチ合わない自分としては珍しく面白く思えた。俳優業に真摯に取り組みつつもどこかだらしなくて頼りないリックと戦争の英雄でありながら謎めいた過去を持ちリックを陰ながら支えるクリフがハリウッドで実際に起こった有名事件に遭遇するというバディムービー。バディモノとしての続きが観てみたい。
しかし、やっぱりタランティーノ作品なのでいつも通り長い。東京裁判の方が長かったけどあの映画にはあの時間が必要だったわけで、こっちには別に必要だったとは思えない。100分位だったら昔のハリウッドを舞台にしたハードバイオレンスファンタジーとして傑作だったかも。
ティム・ロスが出ていたらしいけど出演場面はカットされたみたい。エンドクレジットに名前だけ出てる。どうせ長いんだからカットしなきゃいいのにと思うけど。完全版用にでも取っておいてあるのか。

ディカプリオの西部劇出演作品クイック&デッド
クイック&デッド.JPG
コメント(0) 

だれがぶただうわー



しんちゃんは10月から土曜夕方4時半に引っ越し。これで1か月放送が休みとかは無くなるんだろうか。映画の放送はゴールデンタイムではやらなくなるんだろうか。今年から既にやってないが。
コメント(0) 

きょうのポストカード(天空の城ラピュタ) [映画のポストカード]

今夜はラピュタ。もう何年も観てないが今夜もまた騒がしくなるのだろうか。
天空の城ラピュタ.JPG
1986年のアニメージュの付録。
コメント(0) 

ヘレン

チョコエッグ ピクサー5
DSC_1124.JPG

_20190828_192943.JPG

_20190830_015240.JPG


ミゲルとデューク・カブーンを狙っているけど難しそう。

チョコエッグ ディズニー/ピクサー5 [57.ミゲル]【 ネコポス不可 】



チョコエッグ ディズニー/ピクサー5 [55.デューク・カプーン]【 ネコポス不可 】


コメント(0) 

きょうのポストカード(On Your Mark) [映画のポストカード]

イソップの思うツボを観た。
ごく普通な家族亀田家と芸能人一家の兎草家。二つの家族の隠された一面が露になっていく。

カメラを止めるなの上田慎一郎監督作品(中泉裕矢監督、浅沼直也監督との共同作品)には何らかの仕掛けを期待してしまう。期待通りに本作にもある仕掛けが有った。
あまり話題にはなっていないような気がするが、例えばこれがカメラを止めるな以前の作品だったらもうちょっと話題になったかもしれないし、例えばこれが韓国映画だったとしてもやはりもうちょっと話題にはなったんじゃないだろうか。



ロケットマンを観た。
ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生。

劇中を彩る数々の名曲。残念ながらほんのわずかしか知らない。知らないけどその見せ方が素晴らしく音楽映画としての見応えが有る。
才能のある若者がチャンスを掴み取ってスターへの階段を駆け上がっていく姿を見るのは単純に楽しい。
しかし駆け上がったその先にも人生は続いていくわけで。お約束通りとも言えるマネー、ドラッグ、セックス、バイオレンス。エルトン・ジョンの場合はバイオレンスはあまり無いが破滅的ではある。
破滅的ではあったけどエルトン・ジョンはまだ生きていて、人として、ミュージシャンとしてのストーリーが続いている。結局生き続けるという事が何より大事なのかもしれない。

生きてればその内、何年もかかるかもしれないけど色々感情や状況が変わる事も有るかもしれないし。
On Your Mark.JPG
宮崎駿監督作品。7分の短編。CHAGE&ASKAの楽曲On Your Markのプロモーションフィルムとして制作。ジブリ作品耳をすませば公開時に同時上映作品として劇場上映された。
コメント(0) 
前の15件 | -