So-net無料ブログ作成

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 [2009年6月に観た映画]


1000ピース エヴァンゲリヲン 新劇場版:破 1000-128

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
(2009・日本)
総監督・原作・脚本 : 庵野秀明  監督 : 摩砂雪、鶴巻和哉
声の出演 ; 緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、山寺宏一、石田彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、麦人








破。



良かった。

ロボットアニメとして好きなので(ロボットじゃないけど)、アクションシーンに感動。
元々は一枚の絵をどうやったらあんな風に動かせられるのか不思議でならない。

ドラマとしては、優しくなったなぁと思いました。そこが良かった。
非情さが『エヴァンゲリオン』だとするなら、『新劇場版』も非情だけどその中に優しさも感じられた。
『エヴァンゲリオン』って14歳の少年たちに「生きるってツライ。」と嘆かせて、「いや、まだまだそんなもんじゃねえ。」と容赦なく意地悪なくらいな試練をぶつける。といった印象がありますが、『新劇場版』は嘆く少年たちに「生きるってツライんだけど、でもツライ事だけじゃないよ。」という優しさ目線が感じられました。シンジモテモテのぽかぽかだし。
スタッフの皆さん大人になったんだなぁ。優しさライセンス(by松っちゃん)を手にされたのだなぁ。と、しみじみ思いました。

今後どうなるのかは分かりませんが、勝手な希望としては前向きな優しい結末を迎えさせてあげて欲しい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0