So-net無料ブログ作成

トイ・ストーリー3 [2010年7月に観た映画]


Toy Story 3 (Disney/Pixar Toy Story 3) (Little Golden Book)

『トイ・ストーリー3』
“TOY STORY 3” (2010・アメリカ) 1h43
監督・脚本 : リー・アンクリッチ
声の出演 : トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、ネッド・ビーティ、ジョン・モリス









アンディが大学生になってしまう。おもちゃたちの運命は。



ネタバレ有り。



2作目で先送りにされたおもちゃたちの運命。
その結末が気がかりで正直な所映画を楽しめませんでした。
ワイワイガヤガヤと楽しげに物語は進むけど、一向に気持ちが乗らず。伏線の張り方巧いなぁ。とか、トルティーヤの原料はジャガイモだったけか?(正解はとうもろこし)とか。若干冷めた感じで観ていました。

ところがラスト5分、運命の結末で怒涛の大感動。
素晴しかった。
おもちゃは子供たちと共に。子供と共にいてこそのおもちゃ。
大人になってゆく子供とは別れを迎えなければいけないけれども、別れがそれまで育んできた絆の終わりではない。
ウッディとアンディの絆はウッディの右肩の赤い糸で結ばれている。よく見るとウッディの右肩、ちゃんと赤い糸で結ばれているのはさすがピクサー。細かい。

図らずも(予定通り?)3部作になり、それが(ほぼ)リアルタイム3部作という前代未聞の映画を生み出す事になり。
(ほぼ)リアルタイムのシリーズモノとしては、『ハリー・ポッター』や『トワイライト』もありますが、2作目から3作目の間が10数年開いているのが『トイ・ストーリー』シリーズが稀有な所で。
しかも3部作史上における最高傑作になった。と個人的には思います。3部作としては『ゴッドファーザー』を超えた。これも個人的に。
本当に良かった。
もう素晴しい結末を迎える事は分かったので、次観る時は最初から存分に楽しめると思う。



それにしてもアンディがいい奴だった。あんなにいい奴だとは知らなかった。
だからウッディたち(特にウッディ)はアンディの事を大好きなんだろうと思う。

あんなにいい奴だったのなら、アンディ主演のスピンオフを観たい。
その場合、実写で。
ニューヨークのおもちゃ会社に入社するアンディ。上司がトム・ハンクスとティム・アレン。二人の中は険悪だけれども、会社が危機を迎えてアンディを合わせて3人で危機を乗り越える。
で、社長がエリザベス・パーキンスで『ビッグ』とも繋がるミラクルな映画。



そう言えばトトロもおもちゃたちの仲間でいましたが、ピクサー作品では別の作品のキャラクターが登場するのは恒例の事。
という事は勘繰ると、ピクサーでの『トトロ』のCGアニメ化有り?3DCG?
そう言えば本作は3Dで観ましたが、3Dである意味はあまり無かったような感じで。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(5) 

nice! 1

コメント 2

ジジョ

ほんと、アンディはいい子ですね〜。
こんないい子に育ってくれて、なんだかウレシイ♪
っていう、よくわからない親目線で観てました^^
写真の絵本のイラスト☆かわいいですね〜。
by ジジョ (2010-08-04 03:56) 

テンプラ・ソバ・ニーロ

ジジョさん、こんばんは。
アンディがいい奴で本当に良かったです。
彼女はいないんだろうか?とか気になってしまいます。

いいイラストですよね。CGとは違う感じで。絵本の中身の方も気になります。
by テンプラ・ソバ・ニーロ (2010-08-04 19:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5