So-net無料ブログ作成

ペロ [ペロ]

今日もまた最高気温が三十五℃を超える猛暑。

しかし子供たちはこの暑さに慣れてしまったのかいつも以上に元気だ。強烈な日差しの下で真っ赤な顔で汗だくになりながら走り回り遊んでいる。

日蔭でしばしの休息を取る男たちはその姿を眩しそうにただ見ていた。しかしこの場合見ていたと言うのは正しくはないのかもしれない。意識が朦朧とする中視界に子供たちの姿が入っていただけなのかもしれない。

子供たちの笑い声が響き渡る中、目を移すと今度は朧気な視界の中に一匹の犬が入ってきた。

ブラックタンの柴犬。とても凛々しい顔立ちだ。

その犬も日蔭に入り子供たちを見つめていた。いや、見守っていると言った方が正しいように真剣に子供たちを見つめていた。

すると不意に子供たちがその犬に声をかけた。

「ペロー!こっちにおいでーっ!」

ペロと呼ばれたその犬はすっくと立ち上がり「ワンッ!」と一声上げると子供たちの方へ向かってその道をゆっくりと歩を進めた。

歩を進める中ペロは振り返り男たちと目が合った。ペロの目は男たちを憐れみ慈しむとても優しい目をしていた。

意識が混濁している男たちに向かってペロはペコリと会釈をし子供たちの方へと向かって行った。

その道を歩いてゆくペロの後姿を見て男はポツリと言った。

「その道のペロ」

「ああ、今年もまたその季節だ」別の男が独り言のようにつぶやいた。

ただ黙々と歩を進めるペロを男たちはただ見つめるしかなかった。

やがてペロは子供たちの笑い声の中に包まれ「ワンッ!」と一声上げた。それはとても嬉しそうに。



食玩 チョコエッグ ペット動物 第1弾 P02 柴犬(ブラック&タン)

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0