So-net無料ブログ作成

ペロ ウィンター&サマー・ソルジャー [ペロ]

彼は"ペロ"。幾多の戦場で戦い生き抜いてきた屈強なソルジャーだ。

彼は強烈な日差しが照りつけるこの炎天下の中ただ一人きりである場所に向かわなければならなかった。

そこには既に敵が待ち受けバラエティに富んだトラップが仕掛けられているであろうことは承知の上で。

ちなみにペロとは彼の本名ではない。彼の愛犬の名前だ。

彼が雪山の別荘に休暇で訪れ、運悪く雪に隠れたクラックに足を取られ身動きが出来なくなり更に運悪く人喰い熊の群れと遭遇した時に彼の命を救ったのがペロだ。

ペロは一見か弱そうに見えるビーグル犬であったが時を見てアタックを仕掛けてくる人喰い熊を身を挺して懸命に牽制した。

人喰い熊の鋭い爪はペロの体を容赦なく切り付け辺りの真っ白な雪景色は次第に赤く染まり、そして最悪の一撃がペロの片方の目を深く傷つけた。

ペロは力なく雪原に倒れた。

一頭の人喰い熊が静かに彼に向かってくる。万事休す。彼が覚悟を決めた時、一際巨大な熊が姿を現した。その風格と威圧感から群れのリーダーであると直感した。その巨大熊が彼に襲いかかろうとする熊を一声で制する。

巨大熊は彼をじっと見つめ、そしてペロに目を移ししばらく慈愛とも取れるまなざしを向けていた。よく見るとその巨大熊もまた隻眼であった。

ほどなくして巨大熊は背を向け群れを連れて山奥へと消えていった。

このペロの武勇伝は彼の口から戦場の仲間たちへと時と場所を選ばず語られていき、そしていつしか彼自身が仲間たちから"ペロ"と呼ばれるようになったのだ。彼はそう呼ばれる事をとても光栄に思った。

彼が今手にしている武器は一丁のハンドガンと一本のコンバットナイフだけである。しかし彼に絶望感は微塵もない。あの時のペロの様に敢然と立ち向かい、そして必ず生還し彼の帰りをひたすらに待ち続けるペロの元へと帰るのだ。その事が彼を突き動かしていた。

彼が敵の待つ場所へと向かう。しばらくは日差しを遮るものが何一つない一本道が続く。彼はその焼けついた道へ躊躇う事無く足を踏み出した。

その場に偶然居合わせた日本人のサラリーマン二人の内の一人がその姿を見て思わずつぶやいた。

「その道のペロ」と。

「ああ、今年もまた暑い夏だ」ともう一人が返した。

こうしてウィンター・ソルジャー・ペロとサマー・ソルジャー・"ペロ"の伝説は日本にも語り継がれる事となったのだ。



楽しいビーグルライフ (すべてがわかる完全犬種マニュアル)

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0