So-net無料ブログ作成

ピクセル [ハ行の映画]


ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンG ピクセル 光沢プリント

『ピクセル』
"PIXELS" (2015・アメリカ・1h45)
製作・監督 : クリス・コロンバス  製作・出演 : アダム・サンドラー
出演 : ミシェル・モナハン、ケヴィン・ジェームズ、ジョシュ・ギャッド、ピーター・ディンクレイジ、マット・リンツ、ブライアン・コックス、ショーン・ビーン、デニス・アキヤマ







かつてNASAが宇宙に向けて送った友好的メッセージを宣戦布告と誤解し本気の戦争を仕掛けてくる宇宙人。その戦闘方法はメッセージに含まれていた1980年代のビデオゲームを模したものであり、地球を守るためにそのビデオゲームの達人たちの力が必要となった。



いつものアダム・サンドラー主演のコメディ映画とは違うように感じた。アダム・サンドラー有りきではなく、宇宙人とのビデオゲーム戦争の企画に後からアダム・サンドラーが主役として参加した様な。
実際、短編映画が原作で、今回の長編映画化の際にプロデューサー兼主役としてアダム・サンドラーが加わったみたい。
1980年代の懐かしのビデオゲームをフィーチャーしたアドベンチャー映画といった趣であり、アダム・サンドラー主演のコメディ映画として観るとやや物足りない。コメディパートではアダム・サンドラーは一歩引いて若手のジョシュ・ギャッドを推しているし。



パックマンの開発者の方が出演している。とだけ知っていて、パックマンの開発者役を自ら演じているのかと勘違いしていて、演技が凄い上手だなあと思っていたら演じていたのはプロの役者さんだった。
開発者の方は隠れキャラ的な感じでどこかのシーンにチラッとだけ出ていたんだとか。



アダム・サンドラーファミリー総出演といった感じ(ケヴィン・ジェームズは出ていない様)で楽しみにしていた西部劇コメディ"The Ridiculous 6"は定額動画配信サービスのNetflix (ネットフリックス) オリジナル作品でアメリカでも劇場公開はされず。仮に劇場公開作品であったとしても日本では未公開ソフトスルーの可能性の方が高いが。
日本のNetflixでも『リディキュラス6』として既に視聴可能の様。ソフト化はされないんだろうか。
当初は劇場公開作品としての企画だったけど、西部劇という事で大手のスタジオから敬遠されてNetflixでの制作になった。という経緯みたい。
今後配信サービスでしか観られない作品が増える傾向になるのだろうか。

コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4