So-net無料ブログ作成

男はつらいよ 1作目から10作目 [男はつらいよ]

2019年が男はつらいよシリーズ開始から50周年、年末にはシリーズの最新作が公開されるとの事でNETFLIXで。年末までに観終えたい。
1作目と2作目は何年か前に多分東劇で観た。5、6年前だったかと思ったがもう11年も前だった。

男はつらいよ
20年振りに生まれ故郷の葛飾柴又に帰ってきた車寅次郎。小さい頃に別れたきりで今は年頃になった妹さくらのお見合いをぶち壊すが密かに両想いだった博との結婚を結果的に取り持つ。一方で柴又帝釈天の住職御前様の娘冬子への片想いは成就せずまた旅に出る。
1969年8月27日公開、91分。
御前様のスーツ姿はこれきりだろうか。カッコいい。バター。


続・男はつらいよ
中学生の時の恩師の一人娘夏子に惚れた寅さん。柴又で問題を起こし旅に出た京都で実の母お菊と初めて顔を合わすが喧嘩別れしてしまう。柴又に帰るが夏子は寅さんがきっかけで知り合った医師と結婚。寅さんは旅に出る。
1969年11月15日公開、93分。


男はつらいよ フーテンの寅
柴又に帰ってきた寅さんがお見合いをする。顔見知りだった見合い相手と元の旦那の復縁を取り持ち再びの門出を豪勢に祝した事でとらやにいづらくなり旅に出る。旅先の宿の女将お志津に惚れた寅さんは女将の弟と幼馴染との恋を取り持ち自分は失恋し、また旅に出る。
1970年1月15日公開、90分。
監督 森崎東、脚本 山田洋二/小林俊一/宮崎晃
前作から2か月での公開。


新・男はつらいよ
おいちゃん、おばちゃん孝行を思い立ち競馬で大儲けした寅さん。3人でのハワイ旅行出発当日に旅行資金を持ち逃げされた事が分かる。世間体を気にしてとらやに籠っていると泥棒に入られ、その挙句おいちゃんと喧嘩になり家を出ていく。1か月後帰ってきた寅さんは留守中に自分の部屋に下宿していた春子に惚れるが失恋し旅に出る。
1970年2月27日公開、92分。
監督 小林俊一、脚本 山田洋二/宮崎晃
前作から1か月半での公開。


男はつらいよ 望郷篇
虫の知らせでおいちゃんの身を案じ柴又に帰ってきた寅さん。おいちゃんは何ともなかったが昔世話になった札幌の親分の危篤の報せを受け舎弟の昇とともに北海道へ向かう。そこで堅気になる事を誓い昇と別れ柴又へ帰ってきた寅さん。しかし柴又で仕事は見つからず、江戸川を下った浦安の豆腐屋で働く事に。そのきっかけは豆腐屋の娘節子に惚れた事だったが失恋し堅気になる事も諦め旅に出る。
1970年8月26日公開、88分。
1作目公開から1年間で5本が公開される。
これがシリーズの最後という事で山田洋二監督が復帰したらしい。しかしこの後も長く続き本作以降すべての監督をする事に。


男はつらいよ 純情篇
長崎で知り合いになった女性に妹さくらの面影を見て里心の付いた寅さんが柴又に帰ってくる。とらやに下宿する事になった訳ありの人妻夕子に一目惚れする寅さん。義弟・博の独立問題に首を突っ込むが解決出来ず、さくらの提言によって結論は先延ばしされる。寅さんは失恋し旅に出る。
1971年1月15日公開、89分。


男はつらいよ 奮闘篇
所帯を持つ事になりそうだ。との手紙が1年前に届き京都から柴又へと訪ねに来た寅次郎の母・菊。寅さんも柴又へ帰ってきていたが入れ違いで翌日菊の滞在先の帝国ホテルで2年振りに再会する。しかし口論になってしまい勢いで旅に出た寅さんは旅先の焼津で青森から働きに出ている純真な女の子花子に出会う。二人は柴又で再会し何かと親身に世話をするうちに寅さんは花子を結婚相手として意識し始めるが迎えが来て花子は青森へと帰っていった。
1971年4月28日公開、92分。


男はつらいよ 寅次郎恋歌
柴又に帰ってきた寅さん。早々においちゃんと喧嘩になりとらやを飛び出す。博の母親が亡くなり博とさくらが葬儀のため岡山に向かうと偶然岡山にいた寅さんも葬儀に参列する。葬儀が終わり一人残った寅さんは博の父との会話の中で自分の人生を改める決意をし再び柴又へと帰る。丁度その頃柴又で喫茶店を開いた未亡人貴子に惚れた寅さんだったが、やはり自分には風来坊として生きる事しか出来ないし、その辛さを他人には理解するのが難しいと悟りその恋を諦め旅に出る。
1971年12月29日公開、113分。
初代おいちゃん役の森川信(もりかわしん)さんが本作公開の翌年3月にお亡くなりになり本作が森川さん最後の出演。森川さんチャーミングで面白かった。


男はつらいよ 柴又慕情
旅先でさくらと博が出てくる夢を見て寅さんが柴又に帰ってくる。しかし、さくらと博のマイホーム計画を茶化した事で喧嘩になりすぐ旅に出る。北陸で知り合った女の子3人組の一人歌子に惚れ、帰ってきた柴又で再会するとその想いは燃え上がるが、歌子には結婚を考えている相手がいて父親との二人暮らしの環境から決心がつかずにいた。歌子はさくらと博に相談し結婚の決意を固め、寅さんは失恋し旅に出る。
1972年8月5日公開、108分。
2代目おいちゃん役は松村達雄さん。6作目の純情篇では別の役で出演していた。森川信さんのおいちゃんが面白かったのでちょっと不安だったが、松村さんのおいちゃんも良かった。
バター再び。


男はつらいよ 寅次郎夢枕
旅先でさくらと博の出てくる夢(マカオの寅)を見た寅さんが柴又に帰ってくる。とらやの皆を含め柴又中で自分の事を馬鹿にしていると思い込んだ寅さんは気分を害するがそうではないと分かり心を入れ替え堅気に生きる事を誓う。先ずは身を固める事と結婚相手を探すが柴又では全て断られ失意の寅さんは旅に出る。旅先で渡世人としての生き方に不安を感じ再び柴又に帰ってきた寅さんはとらやにしばらくの間下宿する事になった御前様の甥で東大助教授の男と幼馴染で同級生だった千代に出会う。千代に一目惚れした助教授の哀れな姿を見て二人の仲を取り持とうとする寅さんだったが、千代が好きなのは自分である事を知り激しく動揺してしまう。結局寅さんと千代の仲は進展する事は無く寅さんは旅に出る。
1972年12月29日公開、98分。
前作あたりからタコ社長を含んだとらやメンバー、寅さんをリーダーとしたさくら、おいちゃん、おばちゃん、博のチームワークがより強固なものとなった感じがしてとらやのシーンが安定して面白い。中でもさくらと博の息子満男の演技も何にもしていない自由っぷりが面白い。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。