So-net無料ブログ作成

さようならシネマサンシャイン池袋 [映画]

ザ・ファブルを観た。
殺し屋の話。

新聞記者を観た。
新聞記者と官僚の話。

コンフィデンスマンJPを観た。
詐欺師の話。

何の因果か日本映画を3本。最近の日本映画の傾向なのかたまたまこの3本がそうなのかよく分からないが苦行のような時間だった。何か退屈なものを我慢して礼儀正しく観なければいけないような。
新聞記者は内容が内容だけにそれも納得出来なくもないけど、それでも他の国だったら同じ内容でももうちょっと違う見せ方だったりするのだろうと思う。

ザ・ファブル、終盤で聞き覚えのある歌声が聞こえてもしかしてと思ったら、エンドクレジットにチャーリー・コーセイさんの名前が有った。
ルパンの歌が劇中に流れたわけではない



コンフィデンスマンJPはシネマサンシャイン池袋の最後にという事で他になかったので観た。なのでテレビドラマは未見。ドラマからの小ネタも多数あるだろうからそこら辺は全くの勉強不足。
この作品の中では長澤まさみさんがおばちゃん扱い。おばちゃん扱いがギャグになる内が華。と言えるのでしょうか。

シネマサンシャイン池袋は7月12日(金)で閉館。どうやら通常営業(結構遅い時間まで)で終わるみたい。スタッフの方はそのままグランドシネマサンシャインへ移行という形なのだろうか。
さようならシネマサンシャイン池袋。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。