So-net無料ブログ作成

きょうのポストカード(エンゼル・ハート) [映画のポストカード]

小さな恋のメロディを観た。
イギリス。公立校に通う11歳の少年ダニエルは同じ学校に通う少女メロディに恋をする。

1971年の作品で今まで未見だった。
瑞々しい少年と少女のラブストーリーを予想していた。だから今まで観なかったというのも有るが、実際の所は少年少女は純粋でも有るけど清らかなだけじゃなくて俗っぽさや毒もちゃんと持っている。その両方を描いているのが当時としてはどうだったんだろう。そんなに目新しい事でもなかったのか。

恋愛映画と言うよりは子供と大人の対立がメインの様な。子供は小さな大人で、大人は大きな子供といった感じ。いずれかは世代交代は必然で有って、交代は自然に譲渡されるものではなくしっかりと戦って勝ち取るべきと。

アラン・パーカーが原作・脚本なのはオープニングのクレジットで知った。第2班の監督も務めていて、運動会のシーンはアラン・パーカーが撮ったらしい。
砲丸投げの計測の大人が何故かブチ切れてるのが面白い。
ビー・ジーズのTo Love Somebody。フィリップ、きみを愛してる!ではニーナ・シモンのカバーが使われていたのが印象深い。


アラン・パーカー監督・脚本作品エンゼル・ハート
エンゼル・ハート.JPG
コメント(0)