So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ファンタスティック・ビースト黒い魔法使いの誕生と正月映画 [映画]

ファンタスティック・ビースト黒い魔法使いの誕生を観た。

反乱を企てる魔法使いは一人の青年の存在を重要視していた。

権力者(魔法省)と反乱者がいて、その間にダンブルドアがいる。という構図が面白かった。ファンタジーというより政治的な面白さ。
ハリー・ポッター読者も大人になるのだからそれに合わせて大人の物語にシフトしているのかも。
なんか次で終わっても良さそうな気がするが、5部作構想という事でまだまだ続く。

主人公のニュート・スキャマンダーがこの先影が薄くなってしまいそうなのが心配。
ニュート・スキャマンダーは本来自分の夢を追いかける夢想者であって政治には全く無関心。それがダンブルドアの目論見によって今回の事件に駆り出されている。今のところはダンブルドアの使い走り。
この先陰謀や謀略が渦巻く政治的な物語が続くとして、その中心に居続けて物語を引っ張る役割が出来るのだろうか。多分やらせるんだろうけど。

今回ハリー・ポッターシリーズからダンブルドアが登場。もう一人ニュート・スキャマンダーと縁がありそうなのは魔法動物つながりでハグリット。
実はハグリットがニュート・スキャマンダーだったりして。



ボーダーライン:ソルジャーズ・デイを観た。

2回目。シネマ・ロサでも上映されていたので。

ステッカー
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ.jpg
ヤヤン・ルヒアン・ステッカー
ヤヤン・ルヒアン.jpg
V3
V3.jpg
スヌーピー
DSC_0754.jpg


話し変わって、ここ数年正月映画がその意義を失ってきていると感じていたけど、今年ついに正月映画の終わりがやってきてしまった。新作の話題作も大作もほぼ無い。スター誕生とシュガーラッシュの続編くらい。現在公開中のファンタスティック・ビーストやボヘミアン・ラプソディが年末年始の中心となるのだろう。
年末に正月映画と銘打って新作を公開しても何のメリットもない。という実績があっての事なのかもしれないが、楽しみにしていた者にとっては寂しい限り。
考え方を変えれば動画配信には様々な映画が溢れているわけで、配信でしか観られない作品も有る。それらを自分でチョイスしていく。とか、興行側(シネコン、映画館)が独自の正月映画プログラムを組める時代でもあるという事で、それに期待するのか。
シネマ・ロサにはカメラを止めるなが有る。今でも一日一回だけどロングラン上映中。12月5日にブルーレイ、DVD発売、配信、レンタルスタートだけど、あの映画には映画館で大勢で観る事の楽しさがあるので年末年始でもう一回大々的に上映というのはどうだろう。と無責任に思ってみる。
コメント(0) 

ポリス・ストーリーREBORNと恐怖の報酬オリジナル完全版 [映画]

ポリスストーリーREBORNを観た。

ある科学者の発明によって死者が蘇るが蘇った者は驚異的な力を得ていた。

予告では全く気付かなかったが近未来SF(と言っても2020年の設定)なんだなあと思って、意外は意外だけどそれに文句は無かった。
近未来SFではあるけど、それよりもアメコミヒーロー映画の方を意識しているようにも思える。
アメコミヒーローの中にジャッキー・チェンというスーパーヒーローが存在していても全然おかしくはないし、むしろいて欲しい。映画の中でのアクションスターでありつつ現実には人類を救うスーパーヒーローでもある。そういうヒーロー。

本作がポリス・ストーリー警察故事シリーズなのかというと違うような気もするが、エンディングでジャッキーが英雄故事をセルフカバーしているのでシリーズの1本なのかもしれない。
セルフカバーが流れるのは日本公開版だけの特別サービスだったりするのかもしれないけど。




恐怖の報酬オリジナル完全版を観た。

曰くのある男たちが流れ着く南米ポルベニール。そこから抜け出すには危険な仕事に手を出さなければならなかった。

1953年のフランス映画恐怖の報酬のリメイク。1977年の公開当時(日本では1978年公開)北米以外では約30分カットされ、2013年にウィリアム・フリードキン監督自身が全長版の4Kレストア・デジタルリマスターを制作しこれがオリジナル完全版と呼ばれこの度日本でも公開。自分が観た劇場では2Kでの上映。

自分が初めて観たのは大分昔にレンタルビデオで。公式サイトのHISTORYによると1991年にカットされていないオリジナル版のビデオが発売されたとの事なので多分それを観たんだろうと思う。なのでカットされた方は恐らく観ていない。
http://sorcerer2018.com/
そしてその後随分と経ってからフランス版を観て、で、しばらく経ってこの度の本作を観た。

フランス版の記憶もかなり怪しい中でリメイクと言っても結構変えているように思える。

大分昔に観た時は男たちそれぞれがポルベニールに流れ着く過程だとか、現地の人間の反米感情が油田火災につながっていく事とかは理解出来ていなかったと思う。
今回観てそこら辺は理解出来た。それらがあって男たちは危険な仕事に手を出し、そして恐怖を体験する事になる。

爆破シーンとかトラックの吊り橋渡りのシーンとか昔も凄かったんだろうけど、今観るとその凄さがより感じられる。
吊り橋渡りのシーンはどうやって撮ったんだろう? 何のトリックも無しに実際にトラックを渡らせたのだとしたらあの撮影現場も相当の恐怖だと思う。
コメント(0) 

コード211とマンディ [映画]

コード211を観た。東京ではシネマート新宿で開催中、のむコレにて。
裏切った雇い主の金を奪うため傭兵たちがアメリカ地方都市の銀行に押し入る。

ニコラス・ケイジ主演。というか知ってる顔がニコラス・ケイジしかいない。
ニコラス・ケイジの息子ウェストン・ケイジが傭兵の一員役で出演しているが、そう言われればそれっぽい人がいるけどそう言われなければ気付かなかった。

町の警察官役のニコラス・ケイジが一人奮闘して傭兵たちと戦うという事ではなく、傭兵たちの襲撃によって平和だった町が戦場と化し一般市民にも犠牲者が出るという群像劇の中の一人といった所。一番目立つ存在ではある。

最後のシークエンスはそれまでと違った色合いで(ソフトフォーカス?)、そしてラストシーンは薄暗くなって終わるという。なんで薄暗くしたんだろう? 何か意味があったのか。
今までいろんな映画観てきたけど薄暗くなって終わるというのは初めてかもしれない。斬新と言えば斬新でちょっと面白かった。



マンディ 地獄のロード・ウォーリアーを観た。
愛する女性をカルト集団によって殺された男はただ黙っている男ではなかった。

最後の方でウトウトしてしまったのでなんだかよく分からなかったが、カルト一直線といった感じ。カルトになる事を目指していたのかは分からないけど、商業主義から離れる事には迷いが無いように思えた。
本作のパノス・コスマトス監督はジョージ・P・コスマトス監督の息子さんだとか。

ビル・デュークが出てた。久し振りに見た気がするけど老け込んだという事も無くほとんど変わっていない事が驚きだった。
監督作の天使にラブソングを2が結構好きだったりする。



ニコラス・ケイジ主演作を2本。コード211は話としては分かり易いがニコラス・ケイジ的には面白みはあまり無い。
内容の方はよく分からなかったけどニコラス・ケイジ的に面白いのはマンディの方。血まみれ虎顔シャツ白ブリーフ、酒ラッパ呑みで雄叫ぶ姿が絵になる役者ってそう多くはいないと思う。というか他の役者さんはあんまりやりたがらないと思う。
コメント(0) 

テルマ&バーバラ [映画]

ネタバレ有。


テルマを観た。
親元を離れ大学生活を送るテルマの身に不可思議な現象が起こり始める。

宗教要素の強い作品だった。テルマの両親は厳格なキリスト教信者でテルマもその影響を受けている。で、テルマの身に何が起こったのかを考えると、テルマが起こした奇蹟からしてイエス・キリストの生まれ変わりなのだろうと勝手に思った。
予兆があり迫害を受けそして覚醒する。覚醒してその力を難なく使いこなせるようになっても世界が大きく変わる事は無い。
生まれ変わりが女性で同性愛者という所が物議を醸すところではないかと思うが。アメリカでのリメイクが決まっているとか。

幼い頃のテルマが父親に連れられて鹿狩りに行くファーストシーンが良かった。



バーバラと心の巨人を観た。
町の住民は誰も気付いていない邪悪な巨人の存在。巨人との戦いにただ一人備える高校生バーバラ。

十代ならではの純粋な想いと思い込みが敵(巨人)を作り出し、頑なな行動が周囲には理解されない。十代あるある。それを後々まで拗らせちゃいけないよ。という事でもある。
妄想ファンタジーとしてはそんなに目新しくはないかもしれない。
主人公が女子高校生で主な登場人物のほとんどが女性。男はあんまり役に立たない。男で唯一役に立っているのが100年前の野球選手(写真のみ)。



2本とも女性が主導権を握り、抑圧されていたものが解放される。今の時代の映画だなあと思う。
コメント(0) 

お父さん映画2本 [映画]

search/サーチを観た。
ある日突然姿を消した娘を探すお父さん。

全編パソコン画面の映像のみが話題の作品。オープニングのクレジットで製作にティムール・ベクマンベトフの名前を見てそういう変わった映画である事も納得した。
全編FPS映像のハードコアでも製作。
かつてはリンカーン大統領をヴァンパイアハンターにしてたし、ベン・ハーの再映画化はコケた事が話題になったし。



デス・ウィッシュを観た。シネマ・ロサにて。
家族に危害を加えた強盗犯に私刑を下すお父さん。

チャールズ・ブロンソン主演の狼よさらば(1974年)のリメイク。狼よさらばを含むDEATH WISHシリーズ5作品は未見。

イーライ・ロス監督作品。扱う題材は過激なものがほとんどだけどストーリーテラーとしてはとても真っ当だと思う。それはグリーン・インフェルノの時にも思ったし、ノック・ノックもそうだと思う。
本作でも家族が危害に遭ったから即復讐という行動に出るのではなくて、復讐に至るまでの過程が丹念に描かれている。



search/サーチはデジタルでお父さんが頑張り、デス・ウィッシュはアナログでお父さんが頑張る(ユーチューブは活用しつつ)。どちらもそれぞれの良さが有りどちらもお父さんが頑張っていた。
アメコミ映画に席巻され、女性映画が台頭している中でお父さん映画も頑張ってる。
コメント(0) 

ファイティン!と負け犬の美学 [映画]

ファイティン!を観た。
30年前にアメリカに養子に出された男が韓国に戻りアームレスリング大会に出場する。

Over the Top [VHS]
今まで唯一(?)の腕相撲映画であったシルベスター・スタローン主演、メナハム・ゴーラン監督のオーバー・ザ・トップは観た様な気もするけど憶えてない。昔は地上波で何回か放送されたのでその時に観たかもしれない。












腕相撲だからマ・ドンソクが主演なのか、マ・ドンソク主演だから腕相撲になったのかはよく分からないが最適役である事は間違いない。
英語が上手かった。

スポ根という程根性論丸出しではないけど特訓シーンは有り。
試合シーンは相手の腕を押し倒すだけという事で単調になってしまうんじゃないかと思ったけど、純粋に力対力の勝負なので観てるだけのこちらも自然と力が入り、勝った時の爽快感もある。



負け犬の美学を観た。
49戦13勝3分33敗のプロボクサー、スティーヴ・ランドリー。生活費と娘にピアノを買うために欧州王座を狙う強豪選手のスパーリングパートナーとなる。

頂点には程遠い所にいるプロボクサー、そして二人の子がいる家族としての生活が描かれる本当の意味での本格プロボクシング映画と言える。
残念ながらプロボクサーとしては成功しなかったけど、ボクシングが好きで同じくらいに家族も大切という姿勢を貫き通した姿は負け犬ではないし美学なんていうカッコつけたものでもない。スティーヴにとってはボクサーとして父親、夫として、そして人間としてごく当たり前の事をしただけだろうと思う。
邦題は納得できないけど映画自体はいい映画だった。



家族とスポーツを描いた韓国とフランスの2本の作品。賑やかなのと物静かなのとでタイプは違うけど両作品ともそれぞれの良さがある映画だった。
コメント(0) 

感動作2本 [映画]

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!を観た。
驚異の歌声のプロミュージシャンと声の小っちゃいストリートミュージシャンが出会う。

三木監督の作品には脱力系コメディをどうしても期待してしまう。本作にも脱力コメディを本気でやれる面子は揃っていて面白かった。ニコラス・ケイジとモナ・リザが面白かった。
ただ、今の日本映画だとどうしても感動要素は入れないといけないみたいなのが残念。



ナミヤ雑貨店の奇跡-再生を観た。
1993年、中国のお悩み相談をする雑貨店。

ジャッキーのおじいちゃん役を見たくて観た。全くアクションの無いジャッキーだけど全然観ていられる。演技力と特殊メイクで完全におじいちゃんになってた。アクションが無くて本人は欲求不満だったりはしないんだろうか。演技が終わっておじいちゃんメイクのままではつらつと全身を動かすジャッキーを想像してしまう。
後になって気付いたが本作の役は標準語(北京語)。1911の時は吹替えだったのかなあという気がしたけど今回はしっかりとマスターしていた様に思えた。分かる人にはどう聞こえるのかは分からない。


1993年と2017年の大晦日の時空がつながる感動作品。皆さん大好きな感動は時空をも超える。
感動作嫌いだけど本作は感動作を覚悟の上で観た。特に感動はしなかったが。

コメント(0) 

リミット・オブ・アサシンとアメリカン・アサシン [映画]

新文芸坐で邦題アサシンつながりの映画2本立て。ASSASSIN 暗殺者、暗殺団、刺客
フランス映画ニキータのハリウッドリメイクの邦題がアサシン。1993年日本公開。邦題にアサシンが使われたのはこれが初?
アサシン~暗・殺・者~ [VHS]












もしもバドミントンで浅川・新谷ペアがいて日本でアサシン、アサシン言ってたら、外国人はなんだなんだと胸中穏やかではないだろう。



ネタバレ有。

リミット・オブ・アサシンを観た。
ある人物の殺害を依頼された元傭兵。任務は失敗し命を失うが蘇生され24時間の命を与えられる。

元傭兵が1回死んだ事で心変わりするがその理由がよく分からなかった。今までの人生の罪滅ぼしをしないと死んでも死にきれないみたいな事を途中で言ってくれたので納得したが、もう少し早めに言ってほしかった。

殺された人物と殺した人物が再会してバディを組む。という所はもうちょっと話を膨らませられるんじゃないかと思うが、話の重点はそこに置いてなかった。
考えてみればもうすぐ死んじゃうんだからそこを膨らませてる場合じゃない。

アクションシーンはかなりの迫力。クライマックスでの血みどろのイーサン・ホークがカッコ良かった。



アメリカン・アサシンを観た。
恋人をテロで失った男が復讐の鬼となりCIAにリクルートされ核テロの脅威に立ち向かう。

こちらもアクションシーンがなかなかの迫力。ディラン・オブライエンにテイラー・キッチュがキレのあるアクションで、それに意外と言っては失礼だけどマイケル・キートンも動ける。
ディラン・オブライエンには香港アクション映画に出て欲しい。

ポリティカルサスペンスとしてのリアルさも重視しているが映画の見せ場として核爆発も起こしてしまう。海中で爆発させたからいいのかどうなのかはよく分からない。影響が全く無いとは言えないと思うが。

主人公の恋人役の人が美人だった。シャルロット・ヴェガ、スペイン生まれの24歳。
コメント(0) 

アクション映画の予告 [映画]

最近のシネコンでは洋画の上映でも邦画の予告が流れるけど出来ればあんまり邦画の予告は見たくない。仕方ないので目を瞑るか死んだ目で見てる。


10月13日(土)公開予定スカイライン奪還


10月20日(土)公開予定ザ・アウトロー


2019年1月4日(金)公開予定ワイルド・ストーム

コメント(0) 

スカイスクレイパーと散り椿 [映画]

スカイスクレイパーを観た。
香港に建設された世界一の超高層ビルが燃え上がる。

スカイスクレイパーとは超高層建築物、摩天楼の意。
摩天楼とは天を摩する(こする、磨く)高楼(高く立派な建物)の意。
スクレイパーscraperが削り取る器具や道具の事みたい。

矢印の人はラジオDJの赤坂泰彦さんとの事。

ある目的のため犯罪グループによって意図的に起こされた火災。その犯罪に巻き込まれたドウェイン・ジョンソン一家。
家族を守るためドウェイン・ジョンソンが奇跡的なアクションを連発する。あまりに奇跡的でそれが連発してしまうけどもドウェイン・ジョンソンなら有りなので手に汗握って面白い。
そして妻のネーヴ・キャンベルが喧嘩強い。背負い投げ!顔面キック! それはスクリーム界において最強の女性なので強くて当然。むしろか弱いネーヴ・キャンベルなど見たくない。



散り椿を観た。
江戸時代。ある藩のお家騒動。

オープニング、エンドクレジットのキャスト、スタッフの個人名がそれぞれ自筆によるもので、それが面白いアイデアだなあと思った。
コメント(0) 

スカイハンターとORS [映画]

スカイハンター空天猟、オペレーション:レッド・シーを観た。
異国の地でのテロ、内戦に巻き込まれた中国人を救うため中国軍の精鋭が救出に向かう。

スカイハンターが中国空軍、オペレーション:レッド・シー(以下ORSに略)が中国海軍。と違うだけで2本とも大体同じ内容ながらミリタリー・アクション映画としてはORSの方が圧倒的に面白い。その分残酷描写も多めなので注意は必要。
ORSの監督はダンテ・ラム監督。今までダンテ・ラム監督作品をそんなに面白いと思った事は無いんだけどORSの戦闘シーンには圧倒された。参った。
ダンテ・ラム監督はORSの前にオペレーション・メコンというミリタリー・アクション映画を撮っていてシネマート新宿で去年公開されたんだけど観なかった。観とけば良かったなあとORSの後で思う。

2作品とも中国軍が近年軍事力を大きく拡大させている理由は、世界各地で危険な目に遭った時の同胞を救うため。という正当性をアピールする目的も多分あるのだろう。
ORSの方がそのアピールが最後の最後でドカーンと来て、ちょっとやり過ぎてしまったような気もする。
現実には色々きな臭い話もあるけど、その武力を使うのであれば平和のために使われて欲しいなあとのん気に思う。


スカイハンターには脱税疑惑で消息不明。中国当局に拘束か。と、ニュースになっているファン・ビンビンが出演。
てっきりMEGザ・モンスターに出てた人がそのニュースになってる人なんだと勘違いしていたけど、MEGザ・モンスターに出ていたのはビンビンはビンビンでもリー・ビンビン。
コメント(0) 

500ページと累 [映画]

500ページの夢の束を観た。
スタートレック脚本コンテストに大作を書き上げたウェンディ。自ら届けにハリウッドのユニバーサルスタジオへと向かう。

他人とのコミュニケーションが上手く取れないウェンディ。初めての一人(と一匹)旅で様々な経験をする。そうそうウェンディにとって都合のいい事は起こらず試練の旅。世知辛いなと思うがとかく世間はそういうもので。
だけども外の世界に飛び出していく事でウェンディの世界は広がっていって。そこら辺が宇宙探索を続け常に新しい世界へと踏み出していくスタートレックとつながっているのだろうと思う。



累かさねを観た。
その口紅をさしキッスをすれば相手と容姿が入れ替われる。

シムソンズ、キサラギの佐藤祐市監督という事だけで観た。
伝説の女優である親から受け継いだ演技力を持ちながら顔に傷を持つため人目に付かない生き方をしてきた女性と、誰もがうらやむ絶世の美貌ながら演技力が今イチな女優がホーガン浅野の企てによりキッスで容姿が入れ替わる。
一人は美貌と演技力を兼ね備えた女優として一躍注目を浴び、一人はその華やかな人生を陰から眺めるだけ。一方は優越感の塊、一方は劣等感の塊。そのエゴとエゴが最終的にぶつかり合う。
優越感=悪、劣等感=善という見方になってしまうが芸能界という特殊な社会では一概にそうとも言い切れない。どんな不道徳な手段を使っても誰よりも秀でたものを持つ者が勝者であり称賛を受け伝説にもなり得る。
コメント(0) 

伝説と凱旋とプレデター [映画]

バーフバリ伝説誕生、バーフバリ王の凱旋を観た。
古代インドで栄えたマヒシュマティ王国の豪華絢爛お家騒動。

新文芸坐での2本立て。
2本とも国際版での上映。なので完全版と較べるとちょっと短い。と言っても2本で4時間40分くらい。
その長さに反比例して王の凱旋のエンドクレジットが一瞬で終わったのが良かった。



ザ・プレデターを観た。
犬を連れたプレデターが地球に飛来。後を追ってもう1体のプレデターも現れる。

プレデターに出演していたシェーン・ブラックが監督、脚本。あと、プレデター2に出てたゲイリー・ビジーの息子ジェイク・ビジーが出てた。

真剣さの中に笑える要素も入れるというのはアクションエンターテインメントとしてとても重要だと思う。本作の場合あまり上手くいってない様に思えたけど。

珍しく日本も世界公開に合わせての公開。世界的に大ヒットすれば続編が出来るのだろう。そんなに有名な人が出ていないのでそれほど大ヒットしなくても出来そう。
続きも観てみたい気もするがあの感じからするとプレデターと人間の全面戦争というリブート版の猿の惑星みたいになってしまいそうで、それはあんまり観たくない気もする。
コメント(0) 

泣き虫と1987 [映画]

泣き虫しょったんの奇跡を観た。
年齢制限によりプロ棋士になる資格を失った男の再挑戦。

この映画を観て将棋自体が面白いと思う人はどれほどいるんだろうか。なんかよく分からないうちに勝敗が決まってしまう。
将棋を分かり易く尚且つ面白く見せるのは難しいのだろう。最近の他の将棋映画はどうだったのかは知らない。
阪本順治監督、赤井英和主演の王手(1991年)は面白かった印象。赤井さんのキャラクターが面白かったというのも大きいが。王手の原作、脚本は本作の豊田利晃監督(脚本も)のデビュー作。

映画との相性がいいのはポーカー。麻雀もいいと思う。
チェスもルールはよく分からないけど相性はいい気がする。そうなるとやっぱり見せ方という事になるのか。



1987、ある闘いの真実を観た。
1987年、韓国。軍事政権下での権力者の横暴に立ち向かおうとする人々。

民衆が立ち上がり犠牲者を出しながら民主化へと向かってゆく。そして韓国は今では誰もが幸せに暮らせる素晴らしい国になったのかというとなかなかそうもいかない。
国や社会は常に現在進行形で続いてゆくのだからハッピーエンドというのは永遠に迎えられないものなのだろう。
その中で生きる個々の人たちのハッピーエンドやバッドエンドがあって、だけどそういうのは大概見落とされる。その事を忘れてはいけないという映画。
コメント(0) 

MEGとペンギン [映画]

MEGザ・モンスターを観た。
巨大鮫VSジェイソン・ステイサムと仲間たち。

1ヶ所思わず声を出して驚いてしまってかなり恥ずかしかった。

人間の前に現れる事の無かった凶暴な深海生物がその姿を現す。っていうのはピラニア3Dと一緒。
被害者は出るけどもそんな深刻な話にならないのも一緒。そこがいい所でもある。
元居た場所では何喰ってたんだろう? という疑問はピラニア3Dの時も思った。




ペンギン・ハイウェイを観た。
少年とお姉さんとペンギンと世界の果て。

SFファンタジーという事でいいんだろうと思うが、よく分からない話ではある。そして長い。1時間59分。そのよく分からない話を少年のひと夏の思い出として綺麗にまとめた感じ。
森見登美彦さん原作。森見作品の主人公は世をすねた大学生という場合が多い様に思う。その世をすねた青年の真偽は定かで無かった自称神童時代という事で観れば本作の奇妙な出来事も納得がいく。ような気がする。
なので女性のおっぱい至上主義である事もそれは森見作品の主人公であるのだから当然。まだ少年なのでおっぱい至上主義もこじらせていないが、それを段々とこじらせ、色んなものをこじらせまくって神童から世をすねた大学生へと成長してしまうのだろう。

予告を見た段階ではそんなに期待していなかった作画が良かった。作画監督が5人いるけど今ってそういうシステムなんだろうか。
コメント(0)